ニュース

『春画展』の全貌判明、「豆判」の春画など多彩な表現を一望

9月19日から東京・江戸川橋の永青文庫で開催される『春画展』の詳細が明らかになった。

2013年にイギリス・ロンドンの大英博物館で大規模な展覧会『Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art』が開催されたことでも話題を呼んだ江戸時代の性風俗画である春画。春画にフォーカスした展覧会としては日本初開催となる『春画展』では、大英博物館をはじめ、日本やデンマークの美術館、個人コレクションから約120点が5つの章にわけて展示される。

プロローグでは、男女が愛を交わす前の見つめ合っている様子や、裾に手を差し入れている場面などを描いた作品を展示。さらに、版画のような印刷技術ではなく、人の手によって描かれた肉筆画の章では、古春画の『小柴垣草紙』や『稚児之草紙』が紹介され、浮世絵師の春画に加えて狩野派の作品も展示される。

また「版画の傑作」では、菱川師宣、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎らが手掛けた版画や版本も見ることができるほか、「豆判の世界」では人々が配布もしくは携帯し、様々な場所で見せ合っていたとされる縦9センチメートル、横13センチメートル弱の「豆判」の春画を展示。エピローグでは、永青文庫が所蔵する江戸時代前期の肉筆画巻と、江戸時代後期の版本『艶紫娯拾餘帖』が紹介される。約120点の展示作品には、『Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art』展に出展された67点の作品が含まれるという。

なお、会期中には展示替えが行われるほか、18歳未満は入場禁止となる。また、会期中は大英博物館の学芸員ティモシー・クラークによる講演会『ロンドン春画展の回想と東京春画展への期待』などの関連イベントも予定されている。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『春画展』

2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)
前期:9月19日(土)~11月1日(日)
後期:11月3日(火・祝)~12月23日(水・祝)
※会期中展示替えあり
会場:東京都 江戸川橋 永青文庫 特設会場 2階~4階
時間:9:30~20:00(日曜は18:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は開館)
料金:1,500円
※18歳未満入場禁止

野沢提雨筆『秘戯図巻』(部分)
野沢提雨筆『秘戯図巻』(部分)
伝狩野山楽筆、英一蝶補作『鶺鴒巻』(部分)
伝狩野山楽筆、英一蝶補作『鶺鴒巻』(部分)
歌川国芳『華古与見』
歌川国芳『華古与見』
渓斎英泉『あぶな絵 源氏物語』(『傾城秘語』のうち)
渓斎英泉『あぶな絵 源氏物語』(『傾城秘語』のうち)
鈴木春信『綿摘女』
鈴木春信『綿摘女』
画像を拡大する(18枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー