ナチスに奪われたクリムトの名画を巡る実話、映画『黄金のアデーレ』

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』が、11月27日から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

同作は、「黄金のアデーレ」の通称で知られるグスタフ・クリムトの絵画『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I』を巡る実話をもとにした物語。肖像画のモデルとなった女性の姪で、アメリカで暮らす82歳のマリア・アルトマンが、駆け出しの弁護士ランディと共に、ナチスに奪われた「黄金のアデーレ」の返還を求めてオーストリア政府を相手に裁判を起こす、というあらすじだ。

実在の女性マリア・アルトマンを演じるのは、これまでに『アカデミー賞』に4回ノミネートされているヘレン・ミレン。マリアと共にオーストリア政府に立ち向かうランディ役をライアン・レイノルズ、マリアとの出会いをきっかけに母国と父の犯した罪を償おうとするオーストリア人ジャーナリスト役をダニエル・ブリュールが演じる。監督を務めたのは、『マリリン 7日間の恋』などのサイモン・カーティス。

作品情報

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

2015年11月27日(金)からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:サイモン・カーティス
脚本:アレクシ・ケイ・キャンベル
出演:
ヘレン・ミレン
ライアン・レイノルズ
ダニエル・ブリュール
ケイティ・ホームズ
ほか
配給:ギャガ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ナチスに奪われたクリムトの名画を巡る実話、映画『黄金のアデーレ』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて