ニュース

ドイツ銀行の現代写真コレクション展にグルスキー、リヒター、杉本博司ら

『そこにある、時間─ドイツ銀行コレクションの現代写真』展が、9月12日から東京・品川の原美術館で開催される。

ドイツ銀行の持つ約6万点のコレクションからアジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパの作家による1970年代以降の写真作品60点を紹介する同展。「『時間』を切り取ってメディアに定着させる」という写真の性質を生かした多様な作品を展示することで、鑑賞者が芸術表現としての写真の魅力を再認識することを目的としている。

出品作家は、ベルント・ベッヒャーとヒラ・ベッヒャー夫妻、アンドレアス・グルスキー、ゲルハルト・リヒターといったドイツの作家や、曹斐、ヂョン・ヨンドゥ、劉錚、杉本博司、やなぎみわ、佐藤時啓ら約40組。なお同展は、2014年秋からアジア各国の美術館を巡回しており、日本では原美術館のみの開催となる。

会期中には、関連イベントとしてドイツ銀行コレクションの中から、曹斐、フリオ・セザール・モラレス、蔡國強の映像作品が上映されるほか、フリードヘルム・ヒュッテ(ドイツ銀行グローバルヘッドオブアート)によるトークイベントや、佐藤時啓によるワークショップが開催される。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『そこにある、時間─ドイツ銀行コレクションの現代写真』

2015年9月12日(土)~2016年1月11日(月・祝)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
シリン・アリアバディ
カデル・アティア
イト・バラーダ
ベルント&ヒラ・ベッヒャー
ゾーラ・ベンセムラ
ジェラード・バーン
曹斐
スーザン・ダージェス
フィリップ=ロルカ・ディコルシア
ハサン&フセイン・エソップ
ギュンター・フェルク
ルイジ・ジッリ
アンドレアス・グルスキー
シヴォーン・ハパスカ
マチルド・テル・ハイネ
カンディダ・ヘファー
オットマー・ヘール
ヂョン・ヨンドゥ
イドリス・カーン
ジェフ・チェンシェン・リャオ
マルティン・リープシャー
劉錚
シャロン・ロックハート
ボリス・ミハイロフ
フリオ・セザール・モラレス
エイドリアン・パチ
コーネリア・パーカー
シグマー・ポルケ
ゲルハルト・リヒター
クラウス・リンケ
佐藤時啓
ダヤニータ・シン
トーマスト・シュトルート
アネット・シュトゥート
杉本博司
マッシモ・ヴィターリ
やなぎみわ
朱加
休館日:月曜(9月21日、10月12日、11月23日、1月11日は開館)、9月24日、10月13日、11月24日、12月28日~1月4日
料金:一般1,100円 大高生700円 小中生500円

曹斐『自分の未来は夢にあらず 02』2006年 120×150cm Cプリント ©Cao Fei / Deutsche Bank Collection
曹斐『自分の未来は夢にあらず 02』2006年 120×150cm Cプリント ©Cao Fei / Deutsche Bank Collection
やなぎみわ『My Grandmothers: MINEKO』 2002年 87.5×120cm Cプリント ©Loock Galerie / Deutsche Bank Collection
やなぎみわ『My Grandmothers: MINEKO』 2002年 87.5×120cm Cプリント ©Loock Galerie / Deutsche Bank Collection
杉本博司『ローズクラン ドライブインシアター、パラマウント』 1993年 42×54cm ゼラチンシルバープリント ©Hiroshi Sugimoto / Deutsche Bank Collection
杉本博司『ローズクラン ドライブインシアター、パラマウント』 1993年 42×54cm ゼラチンシルバープリント ©Hiroshi Sugimoto / Deutsche Bank Collection
アネット・シュトゥート『記憶』 2004年 180×250cm Cプリント ©Anett Stuth / Deutsche Bank Collection
アネット・シュトゥート『記憶』 2004年 180×250cm Cプリント ©Anett Stuth / Deutsche Bank Collection
ゾーラ・ベンセムラ『アフガニスタン』 2009年 61×85cm Cプリント ©REUTERS/Zohra Bensemra / Deutsche Bank Collection
ゾーラ・ベンセムラ『アフガニスタン』 2009年 61×85cm Cプリント ©REUTERS/Zohra Bensemra / Deutsche Bank Collection
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで