ニュース

ドイツ銀行の現代写真コレクション展にグルスキー、リヒター、杉本博司ら

『そこにある、時間─ドイツ銀行コレクションの現代写真』展が、9月12日から東京・品川の原美術館で開催される。

ドイツ銀行の持つ約6万点のコレクションからアジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパの作家による1970年代以降の写真作品60点を紹介する同展。「『時間』を切り取ってメディアに定着させる」という写真の性質を生かした多様な作品を展示することで、鑑賞者が芸術表現としての写真の魅力を再認識することを目的としている。

出品作家は、ベルント・ベッヒャーとヒラ・ベッヒャー夫妻、アンドレアス・グルスキー、ゲルハルト・リヒターといったドイツの作家や、曹斐、ヂョン・ヨンドゥ、劉錚、杉本博司、やなぎみわ、佐藤時啓ら約40組。なお同展は、2014年秋からアジア各国の美術館を巡回しており、日本では原美術館のみの開催となる。

会期中には、関連イベントとしてドイツ銀行コレクションの中から、曹斐、フリオ・セザール・モラレス、蔡國強の映像作品が上映されるほか、フリードヘルム・ヒュッテ(ドイツ銀行グローバルヘッドオブアート)によるトークイベントや、佐藤時啓によるワークショップが開催される。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『そこにある、時間─ドイツ銀行コレクションの現代写真』

2015年9月12日(土)~2016年1月11日(月・祝)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
シリン・アリアバディ
カデル・アティア
イト・バラーダ
ベルント&ヒラ・ベッヒャー
ゾーラ・ベンセムラ
ジェラード・バーン
曹斐
スーザン・ダージェス
フィリップ=ロルカ・ディコルシア
ハサン&フセイン・エソップ
ギュンター・フェルク
ルイジ・ジッリ
アンドレアス・グルスキー
シヴォーン・ハパスカ
マチルド・テル・ハイネ
カンディダ・ヘファー
オットマー・ヘール
ヂョン・ヨンドゥ
イドリス・カーン
ジェフ・チェンシェン・リャオ
マルティン・リープシャー
劉錚
シャロン・ロックハート
ボリス・ミハイロフ
フリオ・セザール・モラレス
エイドリアン・パチ
コーネリア・パーカー
シグマー・ポルケ
ゲルハルト・リヒター
クラウス・リンケ
佐藤時啓
ダヤニータ・シン
トーマスト・シュトルート
アネット・シュトゥート
杉本博司
マッシモ・ヴィターリ
やなぎみわ
朱加
休館日:月曜(9月21日、10月12日、11月23日、1月11日は開館)、9月24日、10月13日、11月24日、12月28日~1月4日
料金:一般1,100円 大高生700円 小中生500円

曹斐『自分の未来は夢にあらず 02』2006年 120×150cm Cプリント ©Cao Fei / Deutsche Bank Collection
曹斐『自分の未来は夢にあらず 02』2006年 120×150cm Cプリント ©Cao Fei / Deutsche Bank Collection
やなぎみわ『My Grandmothers: MINEKO』 2002年 87.5×120cm Cプリント ©Loock Galerie / Deutsche Bank Collection
やなぎみわ『My Grandmothers: MINEKO』 2002年 87.5×120cm Cプリント ©Loock Galerie / Deutsche Bank Collection
杉本博司『ローズクラン ドライブインシアター、パラマウント』 1993年 42×54cm ゼラチンシルバープリント ©Hiroshi Sugimoto / Deutsche Bank Collection
杉本博司『ローズクラン ドライブインシアター、パラマウント』 1993年 42×54cm ゼラチンシルバープリント ©Hiroshi Sugimoto / Deutsche Bank Collection
アネット・シュトゥート『記憶』 2004年 180×250cm Cプリント ©Anett Stuth / Deutsche Bank Collection
アネット・シュトゥート『記憶』 2004年 180×250cm Cプリント ©Anett Stuth / Deutsche Bank Collection
ゾーラ・ベンセムラ『アフガニスタン』 2009年 61×85cm Cプリント ©REUTERS/Zohra Bensemra / Deutsche Bank Collection
ゾーラ・ベンセムラ『アフガニスタン』 2009年 61×85cm Cプリント ©REUTERS/Zohra Bensemra / Deutsche Bank Collection
画像を拡大する(8枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察