ニュース

ドイツ銀行の現代写真コレクション展にグルスキー、リヒター、杉本博司ら

『そこにある、時間─ドイツ銀行コレクションの現代写真』展が、9月12日から東京・品川の原美術館で開催される。

ドイツ銀行の持つ約6万点のコレクションからアジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパの作家による1970年代以降の写真作品60点を紹介する同展。「『時間』を切り取ってメディアに定着させる」という写真の性質を生かした多様な作品を展示することで、鑑賞者が芸術表現としての写真の魅力を再認識することを目的としている。

出品作家は、ベルント・ベッヒャーとヒラ・ベッヒャー夫妻、アンドレアス・グルスキー、ゲルハルト・リヒターといったドイツの作家や、曹斐、ヂョン・ヨンドゥ、劉錚、杉本博司、やなぎみわ、佐藤時啓ら約40組。なお同展は、2014年秋からアジア各国の美術館を巡回しており、日本では原美術館のみの開催となる。

会期中には、関連イベントとしてドイツ銀行コレクションの中から、曹斐、フリオ・セザール・モラレス、蔡國強の映像作品が上映されるほか、フリードヘルム・ヒュッテ(ドイツ銀行グローバルヘッドオブアート)によるトークイベントや、佐藤時啓によるワークショップが開催される。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『そこにある、時間─ドイツ銀行コレクションの現代写真』

2015年9月12日(土)~2016年1月11日(月・祝)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
シリン・アリアバディ
カデル・アティア
イト・バラーダ
ベルント&ヒラ・ベッヒャー
ゾーラ・ベンセムラ
ジェラード・バーン
曹斐
スーザン・ダージェス
フィリップ=ロルカ・ディコルシア
ハサン&フセイン・エソップ
ギュンター・フェルク
ルイジ・ジッリ
アンドレアス・グルスキー
シヴォーン・ハパスカ
マチルド・テル・ハイネ
カンディダ・ヘファー
オットマー・ヘール
ヂョン・ヨンドゥ
イドリス・カーン
ジェフ・チェンシェン・リャオ
マルティン・リープシャー
劉錚
シャロン・ロックハート
ボリス・ミハイロフ
フリオ・セザール・モラレス
エイドリアン・パチ
コーネリア・パーカー
シグマー・ポルケ
ゲルハルト・リヒター
クラウス・リンケ
佐藤時啓
ダヤニータ・シン
トーマスト・シュトルート
アネット・シュトゥート
杉本博司
マッシモ・ヴィターリ
やなぎみわ
朱加
休館日:月曜(9月21日、10月12日、11月23日、1月11日は開館)、9月24日、10月13日、11月24日、12月28日~1月4日
料金:一般1,100円 大高生700円 小中生500円

曹斐『自分の未来は夢にあらず 02』2006年 120×150cm Cプリント ©Cao Fei / Deutsche Bank Collection
曹斐『自分の未来は夢にあらず 02』2006年 120×150cm Cプリント ©Cao Fei / Deutsche Bank Collection
やなぎみわ『My Grandmothers: MINEKO』 2002年 87.5×120cm Cプリント ©Loock Galerie / Deutsche Bank Collection
やなぎみわ『My Grandmothers: MINEKO』 2002年 87.5×120cm Cプリント ©Loock Galerie / Deutsche Bank Collection
杉本博司『ローズクラン ドライブインシアター、パラマウント』 1993年 42×54cm ゼラチンシルバープリント ©Hiroshi Sugimoto / Deutsche Bank Collection
杉本博司『ローズクラン ドライブインシアター、パラマウント』 1993年 42×54cm ゼラチンシルバープリント ©Hiroshi Sugimoto / Deutsche Bank Collection
アネット・シュトゥート『記憶』 2004年 180×250cm Cプリント ©Anett Stuth / Deutsche Bank Collection
アネット・シュトゥート『記憶』 2004年 180×250cm Cプリント ©Anett Stuth / Deutsche Bank Collection
ゾーラ・ベンセムラ『アフガニスタン』 2009年 61×85cm Cプリント ©REUTERS/Zohra Bensemra / Deutsche Bank Collection
ゾーラ・ベンセムラ『アフガニスタン』 2009年 61×85cm Cプリント ©REUTERS/Zohra Bensemra / Deutsche Bank Collection
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影