ニュース

ポストロックの現在性と歴史を「音響派」との接点から紐解く書籍

書籍『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』が、9月15日に刊行される。

1994年に音楽ジャーナリスト、サイモン・レイノルズによって名付けられたとされる「ポストロック」。同書では、1990年代にポストロックと並ぶ大きな潮流のひとつであった「音響派」との接点から、その現在性と歴史を紐解いていく。

誌面には表紙を飾るBATTLESをはじめ、サンガツ、Spangle call Lilli line、にせんねんもんだい、タイヨンダイ・ブラクストン(ex.BATTLES)らのインタビューを掲載。「ジム・オルーク、スティーヴ・アルビニを語る」といった記事や、「うたものポストロックの5枚」「ポストロック・ファンに聴かせたいクラウトロックの15枚」などのディスクガイドも収められる。寄稿者にはばるぼら、大谷能生、畠中実、虹釜太郎、杉原環樹らが名を連ねている。

さらに1999年末に刊行されたポストロック特集の『ele-king』からの再録記事を収録。また、今年5月に刊行された『ポストロック・ディスク・ガイド』で監修を務めた金子厚武による佐々木敦へのインタビュー記事も掲載される。

書籍情報

『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』

2015年9月15日(火)発売
編集:松村正人
価格:1,836円(税込)
発行:ele-king books

amazonで購入する

『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』表紙
『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)