ニュース

ポストロックの現在性と歴史を「音響派」との接点から紐解く書籍

書籍『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』が、9月15日に刊行される。

1994年に音楽ジャーナリスト、サイモン・レイノルズによって名付けられたとされる「ポストロック」。同書では、1990年代にポストロックと並ぶ大きな潮流のひとつであった「音響派」との接点から、その現在性と歴史を紐解いていく。

誌面には表紙を飾るBATTLESをはじめ、サンガツ、Spangle call Lilli line、にせんねんもんだい、タイヨンダイ・ブラクストン(ex.BATTLES)らのインタビューを掲載。「ジム・オルーク、スティーヴ・アルビニを語る」といった記事や、「うたものポストロックの5枚」「ポストロック・ファンに聴かせたいクラウトロックの15枚」などのディスクガイドも収められる。寄稿者にはばるぼら、大谷能生、畠中実、虹釜太郎、杉原環樹らが名を連ねている。

さらに1999年末に刊行されたポストロック特集の『ele-king』からの再録記事を収録。また、今年5月に刊行された『ポストロック・ディスク・ガイド』で監修を務めた金子厚武による佐々木敦へのインタビュー記事も掲載される。

書籍情報

『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』

2015年9月15日(火)発売
編集:松村正人
価格:1,836円(税込)
発行:ele-king books

amazonで購入する

『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』表紙
『別冊ele-king ポストロック・バトルフィールド──「以後」と「音響」の文化誌~A Culture Book for Post'n'Sound』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『パティ・ケイク$』予告編

ラップムービーの新しい傑作誕生の予感! 貧しい生活から抜け出すため、ラップでの成功を夢見るパトリシアの姿を描いた『パティ・ケイク$』が今週4月27日から公開。サンダンス映画祭を熱狂の渦に巻き込んだという本作は、単なる音楽映画ではなく、すべての「いまを変えたい」人々の心に突き刺さる人間ドラマに仕上がっている。酒と暴力が蔓延る街で、彼女は宿命をねじ伏せられるのか?(久野)

  1. Aviciiの急死をUMJが正式発表、「全ての音楽と与えてくれた感動に感謝」 1

    Aviciiの急死をUMJが正式発表、「全ての音楽と与えてくれた感動に感謝」

  2. 安室奈美恵の10代から40代までの軌跡辿る コーセー新CMが明日から放送 2

    安室奈美恵の10代から40代までの軌跡辿る コーセー新CMが明日から放送

  3. 乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演 3

    乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演

  4. 最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス 4

    最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

  5. 福士蒼汰、吉沢亮、MIYAVIらがバトル 実写映画『BLEACH』予告編公開 5

    福士蒼汰、吉沢亮、MIYAVIらがバトル 実写映画『BLEACH』予告編公開

  6. アリアナ・グランデ、2年ぶり新曲“No Tears Left To Cry”を本日発表 6

    アリアナ・グランデ、2年ぶり新曲“No Tears Left To Cry”を本日発表

  7. 現役女子大生映画監督・松本花奈「20歳の叫び」 TBS『情熱大陸』で密着 7

    現役女子大生映画監督・松本花奈「20歳の叫び」 TBS『情熱大陸』で密着

  8. インドのテキスタイル「Khadi」とその思想を紹介する展覧会が六本木で開催 8

    インドのテキスタイル「Khadi」とその思想を紹介する展覧会が六本木で開催

  9. 8年で10倍に。レコードの復権を支えたRSDの成功と東洋化成の挑戦 9

    8年で10倍に。レコードの復権を支えたRSDの成功と東洋化成の挑戦

  10. 寺山修司の監督作品18本を一挙上映 三上博史のトーク&『あゝ、荒野』も 10

    寺山修司の監督作品18本を一挙上映 三上博史のトーク&『あゝ、荒野』も