ニュース

小津安二郎と笠智衆の映画人生を辿る展示、『父ありき』上映会も

『鎌倉の映画人 監督 小津安二郎と俳優 笠智衆』が、9月18日から神奈川・鎌倉市川喜多映画記念館で開催される。

同展は、『東京物語』『秋刀魚の味』『麦秋』などで知られる映画監督・小津安二郎と、小津の作品をはじめ、黒澤明、木下惠介、岡本喜八、山田洋次らの作品に出演した俳優・笠智衆に焦点を当てた展覧会。鎌倉にゆかりのある小津と笠の映画人生を、写真や映画資料の展示、代表作の上映を通して辿っていくという。

上映作品は、小津が初めて笠を主演に迎えた映画『父ありき』、笠が出演した木下惠介監督作品『花咲く港』など14本。なお、『父ありき』の上映はロシアで発見されたフィルムでも行われる。

また、会期中は通常上映のほかにゲストを招いた特別上映も開催。10月23日には『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』を活動弁士・澤登翠による活弁付きで上映するほか、11月20日には『お茶漬の味』が小津の甥・長井秀行と姪・山下和子によるトークイベント付きで上映されるなど、様々な企画が行われる。上映作品やスケジュール、トークイベントの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『鎌倉の映画人 監督 小津安二郎と俳優 笠智衆』

2015年9月18日(金)~12月13日(日)
会場:神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
上映作品:
『麦秋』(監督:小津安二郎)
『長屋紳士録』(監督:小津安二郎)
『一人息子』(監督:小津安二郎)
『父ありき』(監督:小津安二郎)
『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』(監督:小津安二郎)
『お茶漬の味』(監督:小津安二郎)
『秋刀魚の味』(監督:小津安二郎)
『東京物語』(監督:小津安二郎)
『花咲く港』(監督:木下惠介)
『月は上りぬ』(監督:田中絹代)
『嵐』(監督:稲垣浩)
『家族』(監督:山田洋次)
『生きてはみたけれど 小津安二郎伝』(監督:井上和男)
『小津と語る Talking With Ozu』(監督:田中康義)
休館日:月曜(祝日の場合は開館)、10月13日、11月24日
料金:
入館料 一般300円 小・中学生150円
映画鑑賞料 一般1,000円 小・中学生500円(入館料含む)

『父ありき』上映+トークイベント
2015年10月9日(金)13:30~
会場:神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
上映作品:『父ありき』(監督:小津安二郎)
ゲスト:
笠鉄三
笠兼三
料金:一般1,500円 小・中学生750円(入館料含む)

『生きてはみたけれど 小津安二郎伝』+トークイベント
2015年10月20日(火)13:30~
会場:神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
上映作品:『生きてはみたけれど 小津安二郎伝』(監督:井上和男)
ゲスト:兼松熈太郎
料金:一般1,500円 小・中学生750円(入館料含む)

『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』活弁付き映画上映
2015年10月23日(金)14:00~
会場:神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
上映作品:『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』(監督:小津安二郎)
活動弁士:澤登翠
料金:一般1,500円 小・中学生750円(入館料含む)

『お茶漬の味』上映+トークイベント
2015年11月20日(金)13:30~
会場:神奈川県 鎌倉市川喜多映画記念館
上映作品:『お茶漬の味』(監督:小津安二郎)
ゲスト:
長井秀行
山下和子
料金:一般1,500円 小・中学生750円(入館料含む)

『父ありき』©1942 松竹
『父ありき』©1942 松竹
『お茶漬の味』 ©1952 松竹
『お茶漬の味』 ©1952 松竹
『一人息子』 ©1936 松竹
『一人息子』 ©1936 松竹
『家族』 ©1970 松竹
『家族』 ©1970 松竹
『花咲く港』 ©1943 松竹
『花咲く港』 ©1943 松竹
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送