はえぎわの新作は「少し危うい」夫婦の悲哀喜劇『ゴードンとドーソン』

劇団はえぎわの公演『ゴードンとドーソン~妻と夫と虎の夢~』が、10月23日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで開催される。

はえぎわは1999年にノゾエ征爾、井内ミワクらを中心に活動をスタートさせ、2001年に劇団化。ノゾエは2012年に『◯◯トアル風景』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞している。

同劇団にとって今年2作目の新作本公演となる『ゴードンとドーソン~妻と夫と虎の夢~』は、森で育った男と都会で生きる女を軸に、「少し危うい」夫婦を描いた物語。出演者には、井内、ノゾエ、町田水城、鈴真紀史、滝寛式、竹口龍茶らはえぎわのメンバーに加えて、村木仁、家納ジュンコが名を連ねている。作・演出はノゾエが手掛ける。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

はえぎわ
『ゴードンとドーソン~妻と夫と虎の夢~』

2015年10月23日(金)~11月1日(日)全13公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
作・演出:ノゾエ征爾
出演:
井内ミワク
町田水城
鈴真紀史
滝寛式
竹口龍茶
村木仁
家納ジュンコ
踊り子あり
川上友里
鳥島明
富川一人
山口航太
ノゾエ征爾
料金:
前売 一般4,000円 早期観劇割引3,600円 U24チケット3,000円 高校生以下2,000円
当日 一般4,300円 早期観劇割引3,900円

  • HOME
  • Stage
  • はえぎわの新作は「少し危うい」夫婦の悲哀喜劇『ゴードンとドーソン』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて