ニュース

フィッシュリ&ヴァイスと毛利悠子展、名古屋の新スペースオープニング企画

展覧会『The BEGINNINGS(or Open-Ended)』が、10月4日から愛知・名古屋のMinatomachi POTLUCK BUILDINGで開催される。

名古屋港近くの商店街にある旧文房具店をリノベーションしたまちづくりの新たな施設・Minatomachi POTLUCK BUILDINGのオープンを記念して開催される同展。施設の3階にあるエキシビションスペースで現代アートを中心とした企画展を行うアートプログラム「Minatomachi Art Table, Nagoya[MAT, Nagoya]」の一環で行われる。

同プログラムによる初の展覧会となる『The BEGINNINGS(or Open-Ended)』は、飯田志保子をゲストキュレーターに迎え、2期にわたって開催。緻密な計算によって様々ながらくたが連鎖反応を起こす様子を捉えたペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイスの映像作品『事の次第』と、毛利悠子の作品が紹介される。毛利は1期に過去作、2期に会場周辺の街をリサーチして制作した新作を発表。『事の次第』は1期、2期共に展示される。

なおMinatomachi POTLUCK BUILDINGのオープン記念企画として、10月4日から写真展『港まちのこれまでとこれから/Link the past to the future of port town』が開催されるほか、空き家を活用する『WAKE UP! PROJECT』の第1弾企画として旧ボタン店を改修したウインドウギャラリー・Botao Galleryがオープン。同スペースでは、イギリス人アーティストのアダム・バーカーミルによる作品を展示する。

また10月3日、4日の朝は「コーヒーのある風景」を作り出すアーティストユニットL PACKによるモーニングイベントも開催。10月4日まで愛知・愛知県美術館で開催されている展覧会『芸術植物園』にも出展している渡辺英司をゲストに迎えたコラボレーション企画となる。

イベント情報

Minatomachi POTLUCK BUILDING オープン記念企画
『The BEGINNINGS(or Open-Ended)』

第1期:2015年10月4日(日)~10月31日(土)
第2期:2016年2月26日(金)~3月27日(日)
会場:愛知県 名古屋 Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F Exhibition Space
時間:11:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス
毛利悠子
ゲストキュレーター:飯田志保子
休館日:日、月曜、祝日(10月4日、3月27日は開館)
料金:無料

イベント情報

『港まちのこれまでとこれから/Link the past to the future the port town』

2015年10月4日(日)~11月7日(土)
会場:愛知県 名古屋 Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F Project Space
時間:11:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:日、月曜、祝日(10月4日、3月27日は開館)
料金:無料

イベント情報

WAKE UP! PROJECT vol.1
『Adam Barker-mill/青いリボン』

2015年10月4日(日)~10月31日(土)
会場:愛知県 名古屋 Botao Gallery
時間:11:00~19:00
出展作家:アダム・バーカー ミル
監修:渡辺英司
休館日:日、月曜、祝日(10月4日は開館)
※入場希望者はPOTLUCK BUILDINGまで

イベント情報

『たとえば、いつもより早く起きて港街でモーニングを食べてみるとする。Vol.3』

2015年10月3日(土)、10月4日(日)
会場:10月3日Minatomachi POTLUCK BUILDING、10月4日旧喫茶店キャビン
時間:7:00~10:00
参加作家:
L PACK
渡辺英司
料金:各回500円(モーニング、新聞付き)

ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス copyright the artists, Courtesy Galerie Eva Presenhuber, Zurich; Sprüth Magers, Berlin / London; Matthew Marks Gallery, New York, Los Angeles
ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス copyright the artists, Courtesy Galerie Eva Presenhuber, Zurich; Sprüth Magers, Berlin / London; Matthew Marks Gallery, New York, Los Angeles
毛利悠子『I/O──ある作曲家の部屋』横浜美術館(2014)撮影:田中雄一郎 提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
毛利悠子『I/O──ある作曲家の部屋』横浜美術館(2014)撮影:田中雄一郎 提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
『The BEGINNINGS(or Open-Ended)』チラシビジュアル
『The BEGINNINGS(or Open-Ended)』チラシビジュアル
飯田志保子 『札幌国際芸術祭2014』企画展示『都市と自然』宮永愛子作品のキュレータートーク風景
飯田志保子 『札幌国際芸術祭2014』企画展示『都市と自然』宮永愛子作品のキュレータートーク風景
「Minatomachi Art Table, Nagoya[MAT, Nagoya]」ロゴ
「Minatomachi Art Table, Nagoya[MAT, Nagoya]」ロゴ
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット