空から広島を見つめる『俯瞰の世界図』展、丹下健三や山口晃ら14組

『俯瞰の世界図』展が、12月6日まで広島・広島市現代美術館で開催されている。

被爆70周年を迎えた広島の過去と復興の軌跡を、3つの異なる視点から辿る広島市現代美術館の展覧会シリーズ『ヒロシマを見つめる三部作』。第2部となる『俯瞰の世界図』には、広島などの都市や場所を、俯瞰の視点でとらえた作品が展示される。

出展作家は、ジャナーン・アル・アーニ、マシュー・デイ・ジャクソン、チャールズ&レイ・イームズ、林重男、本城直季、石原正、ル・コルビュジエ、リン・シュカイ、松江泰治、大岩オスカール、ニパン・オラニウェー、丹下健三、山口晃、吉田初三郎の14組。原爆投下後間もない広島と長崎の様子を空から撮影した写真が掲載されているアメリカの週刊誌『ライフ』の1945年8月20日号や、日本三景の一つとして知られる厳島を描いた江戸時代の屏風絵『厳島図』も展示する。

会期中にはワークショップやギャラリートークも行われる。各イベントの詳細は同展の特設ページをチェックしよう。

イベント情報

『俯瞰の世界図』

2015年10月10日(土)~12月6日(日)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
ジャナーン・アル・アーニ
マシュー・デイ・ジャクソン
チャールズ&レイ・イームズ
林重男
本城直季
石原正
ル・コルビュジエ
リン・シュカイ
松江泰治
大岩オスカール
ニパン・オラニウェー
丹下健三
山口晃
吉田初三郎
休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
料金:一般1,030円 大学生720円 高校生・65歳以上510円\

  • HOME
  • Art,Design
  • 空から広島を見つめる『俯瞰の世界図』展、丹下健三や山口晃ら14組

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて