ニュース

藤原竜也の新作主演舞台、英国発の喜劇『とりあえず、お父さん』

舞台『とりあえず、お父さん』が、12月3日から東京・天王洲 銀河劇場で上演される。

同作は、イギリスの劇作家アラン・エイクボーンが1965年に発表した4人芝居。「実家に行く」と言って出かけた恋人ジニィの後を追う青年グレッグが、互いの不貞を探り合うフィリップとシーラ夫妻に遭遇し、彼らをジニィの両親だと思い込むというあらすじだ。

ジニィのかつての恋人が気になって仕方ない青年・グレッグを演じるのは藤原竜也。共演者には、ジニィ役の本仮屋ユイカをはじめ、シーラ役の浅野ゆう子、フィリップ役の柄本明が名を連ねている。演出は柄本らと共に劇団東京乾電池を結成した綾田俊樹が担当する。

なお同作は、2016年1月に富山、熊本、福岡、大阪、愛知でも上演される。各都市での公演の詳細は、オフィシャルサイトの続報を待とう。東京公演のチケットは、現在発売中だ。

イベント情報

『とりあえず、お父さん』

2015年12月3日(木)~12月23日(水・祝)全23公演
会場:東京都 天王洲 銀河劇場
作:アラン・エイクボーン
上演台本:藤井清美
演出:綾田俊樹
出演:
藤原竜也
本仮屋ユイカ
浅野ゆう子
柄本明
料金:一般9,800円 U-25チケット5,500円

『とりあえず、お父さん』メインビジュアル
『とりあえず、お父さん』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場