ニュース

ライヒ、イーノら17組の現代音楽インタビュー集、帯コメはBjork

書籍『ミュージック「現代音楽」をつくった作曲家たち』が、10月26日に刊行された。

同書は、前衛音楽や電子音楽、ミニマルミュージックなどの音楽家、作曲家のインタビューをまとめた書籍の日本語訳版。著者は現代美術を中心とするキュレーターで、『キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち』『アイ・ウェイウェイは語る』など多数の著書を発表しているハンス・ウルリッヒ・オブリスト。インタビューとテープ起こし、編集などはすべて著者自らが行なったという。

インタビューに登場する音楽家は、カールハインツ・シュトックハウゼン、エリオット・カーター、ピエール・ブーレーズ、ヤニス・クセナキス、ロバート・アシュリー、フランソワ・ベイル、ポーリン・オリヴェロス、ピーター・ジノヴィエフ、テリー・ライリー、トニー・コンラッド、スティーヴ・ライヒ、オノ・ヨーコ、フィル・ニブロック、ブライアン・イーノ、アート・リンゼイ、Kraftwerk、カエターノ・ヴェローゾの17組。

なお同書の帯には、Bjorkによる推薦コメントが掲載されている。

書籍情報

『ミュージック「現代音楽」をつくった作曲家たち』

2015年10月26日(月)発売
著者:ハンス・ウルリッヒ・オブリスト
訳者:篠儀直子、内山史子、西原尚
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

『ミュージック「現代音楽」をつくった作曲家たち』表紙
『ミュージック「現代音楽」をつくった作曲家たち』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)