『グッドデザイン賞』2015年度の大賞が発表

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する『グッドデザイン賞』の大賞が発表された。

『2015年度グッドデザイン大賞』に選出されたのは、WHILL株式会社のパーソナルモビリティ「WHILL Model」。デザインで社会の課題を解決しようというクリエイターの意志や、操作性も考慮した乗り物ならではのデザイン、小さいチームが独自の技術で量産に成功したストーリーが製品に込められている点などが評価された。

『グッドデザイン大賞』は、時代性、提案性、審美性、象徴性といった観点から評価が行われ、毎年1点が選出。2015年度は『グッドデザイン賞』受賞作1337点から選出された大賞候補8点に対し、審査委員や『グッドデザイン賞』賞受賞者、受賞展来場者による投票が実施され、最多得票数を獲得した1点が大賞に選ばれた。

  • HOME
  • Art,Design
  • 『グッドデザイン賞』2015年度の大賞が発表

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて