ニュース

ミナ ペルホネンの帯&シムラの着物を展示販売、トークに糸井重里

志村ふくみと志村洋子の監修による着物と、ミナ ペルホネンの帯を展示販売するイベント『シムラの着物ミナの帯』が、11月20日から東京・表参道のTOBICHI2で開催される。

同イベントでは、紬織の重要無形文化財保持者である志村ふくみと長女である洋子を中心に、アトリエシムラが制作した着物6作品と、皆川明(ミナ ペルホネン)が用意した多数のテキスタイルデザインからアトリエシムラが選んでだ5つの帯が展示販売される。

会期中には、アトリエシムラがその場で着物の仮仕立てを披露する「仮仕立てライブ」が行われるほか、アトリエのスタッフが購入者向けに着物と帯の説明を行なう「はじめての、お見立て。」も開催。また11月20日に志村ふくみ、洋子と糸井重里、11月23日に皆川明と糸井によるトークイベントも行なわれる。「はじめての、お見立て。」およびトークイベントは当選者のみ参加できる。申込方法はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『シムラの着物ミナの帯』

2015年11月20日(金)~11月23日(月・祝)
会場:東京都 表参道 TOBICHI2
時間:11:00~18:00(11月20日は13:00~17:00)

『シムラの着物ミナの帯』メインビジュアル
『シムラの着物ミナの帯』メインビジュアル
ミナ ペルホネンの帯イメージビジュアル
ミナ ペルホネンの帯イメージビジュアル
アトリエシムラの着物イメージビジュアル
アトリエシムラの着物イメージビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)