ニュース

『日産アートアワード2015』受賞者発表、グランプリは毛利悠子

毛利悠子 撮影:前田直子
毛利悠子 撮影:前田直子

『日産アートアワード2015』のグランプリ受賞者が発表された。

日産自動車が主催する『日産アートアワード』は、日本の現代美術の軌跡を後世に残し、人々がアートに親しむ社会作りを目的に2013年から隔年で開催されているアートアワード。過去2年間に活躍したアーティストの中から候補者を選出し、作品展示や最終審査を経てグランプリ受賞者を決定する。初開催の2013年には宮永愛子がグランプリに輝いた。

7人のファイナリストの中から『日産アートアワード2015』のグランプリに輝いたのは、日用品と機会を再構成したインスタレーションなどを発表している毛利悠子。オーディエンス賞には久門剛史が選出された。なお、毛利には賞金300万円、2か月間にわたるロンドン滞在の機会、副賞のトロフィーが贈呈される。

グランプリ受賞を受けて毛利は「これまで自分が考えていた『何をアーティストとしてやるべきなのか』が伝わった気がして非常に嬉しく感じます。ロンドンは現代アートが盛んで、アーティストが発表する場も多いと思います。その中で自分の表現や取り組みをどう伝えていくかを、考えるきっかけになればと思います」とコメント。

審査委員長の南條史生は「毛利悠子さんの新作は、そのルーツを駅の水漏れという『社会の現場』に置きながら、マルセル・デュシャンの引用や、時間、音の導入など、多様なメディアやコンテンツを含んだ作品に昇華させ、作者自身の新たな境地を感じさせるものでした」と評価している。なおファイナリスト7人の新作を展示する『日産アートアワード2015展覧会』が12月27日まで神奈川・横浜のBankART Studio NYKで開催中だ。

イベント情報

『日産アートアワード2015展覧会』

2015年11月14日(土)~12月27日(日)
会場:神奈川県 横浜 BankART Studio NYK
時間:11:00~19:00
参加アーティスト:
秋山さやか
久門剛史
石田尚志
岩崎貴宏
ミヤギフトシ
毛利悠子
米田知子
料金:無料

『日産アートアワード2015展覧会』ポスタービジュアル
『日産アートアワード2015展覧会』ポスタービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年