ニュース

江口寿史×日本映画の特集上映に5作品、ちばてつやと江口の対談も

『劇場版 あしたのジョー2』 ©高森朝雄、ちばてつや/講談社・TMS
『劇場版 あしたのジョー2』 ©高森朝雄、ちばてつや/講談社・TMS

『特集上映 江口寿史と80年代日本映画』が、12月19日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

同イベントは、12月5日から同会場で開催される『江口寿史展 KING OF POP』の関連企画。『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』などの漫画をはじめ、銀杏BOYZのアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』のジャケットイラストを手掛けた漫画家、イラストレーターの江口寿史に関連した映画を上映する。

上映作品は、江口の同名漫画を映画化した『エイジ』、江口がキャラクター原案を担当した今敏監督作『PERFECT BLUE』と、北久保弘之監督作『老人Z』、江口が大きな影響を受けたという漫画家・ちばてつやがキャラクターデザインを手掛けた『ゆき』、ちばが監修を務めた『劇場版 あしたのジョー2』の5作品。12月13日には江口とちばのトークイベントも行われる。

さらに『江口寿史展 KING OF POP』に関連して、12月23日から川崎市市民ミュージアムの収蔵フィルムからセレクトした1980年代の日本映画を上映。上映作品は、鈴木伸一監督作『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』、小林よしのりが原案を務めた『逆噴射家族』、吉田秋生原作の『櫻の園』、いとうせいこう原作の『ノーライフキング』など6作品となる。詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『特集上映 江口寿史と80年代日本映画』

2015年12月19日(土)~2016年1月10日(日)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 映像ホール
上映作品:
『ゆき』(監督:今井正)
『劇場版 あしたのジョー2』(監督:出崎統)
『エイジ』(監督:西久保瑞穂)
『PERFECT BLUE』(監督:今敏)
『老人Z』(監督:北久保弘之)
料金:一般600円 大学・高校生・65歳以上500円 小中学生・市民ミュージアム友の会会員400円 スカラチケット(10枚綴り回数券)4,800円
※幼児(未就学児)、障害者手帳・身障者手帳・療育手帳をお持ちの方およびその介助者1名、被爆者手帳をお持ちの方無料

イベント情報

『江口寿史展関連上映 80年代日本映画―川崎市市民ミュージアム収蔵フィルムより』

2015年12月23日(水・祝)~2016年1月9日(土)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 映像ホール
上映作品:
『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』(監督:鈴木伸一)
『の・ようなもの』(監督:森田芳光)
『逆噴射家族』(監督:石井聰亙)
『転校生』(監督:大林宣彦)
『櫻の園』(監督:中原俊)
『ノーライフキング』(監督:市川準)
料金:一般600円 大学・高校生・65歳以上500円 小中学生・市民ミュージアム友の会会員400円 スカラチケット(10枚綴り回数券)4,800円
※幼児(未就学児)、障害者手帳・身障者手帳・療育手帳をお持ちの方およびその介助者1名、被爆者手帳をお持ちの方無料

イベント情報

『江口寿史展 KING OF POP』

2015年12月5日(土)~2016年1月31日(日)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日・国民の休日の場合は開館)、祝日・国民の休日の翌日(土・日の場合は開館)、年末年始
料金:一般700円 65歳以上・大学・高校生600円
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方は無料

『「エイジ」2』口絵(集英社)1990年 ©EGUCHI HISASHI
『「エイジ」2』口絵(集英社)1990年 ©EGUCHI HISASHI
『ゆき』 画像提供:川崎市市民ミュージアム
『ゆき』 画像提供:川崎市市民ミュージアム
『老人Z』 ©1991 TOKYO THEATRES CO.,INC. /KADOKAWA SHOTEN PUBLISHING CO.,LTD./ MOVIC CO.,LTD./TV  Asahi/Aniplex Inc.
『老人Z』 ©1991 TOKYO THEATRES CO.,INC. /KADOKAWA SHOTEN PUBLISHING CO.,LTD./ MOVIC CO.,LTD./TV Asahi/Aniplex Inc.
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く