ニュース

江口寿史×日本映画の特集上映に5作品、ちばてつやと江口の対談も

『劇場版 あしたのジョー2』 ©高森朝雄、ちばてつや/講談社・TMS
『劇場版 あしたのジョー2』 ©高森朝雄、ちばてつや/講談社・TMS

『特集上映 江口寿史と80年代日本映画』が、12月19日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

同イベントは、12月5日から同会場で開催される『江口寿史展 KING OF POP』の関連企画。『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』などの漫画をはじめ、銀杏BOYZのアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』のジャケットイラストを手掛けた漫画家、イラストレーターの江口寿史に関連した映画を上映する。

上映作品は、江口の同名漫画を映画化した『エイジ』、江口がキャラクター原案を担当した今敏監督作『PERFECT BLUE』と、北久保弘之監督作『老人Z』、江口が大きな影響を受けたという漫画家・ちばてつやがキャラクターデザインを手掛けた『ゆき』、ちばが監修を務めた『劇場版 あしたのジョー2』の5作品。12月13日には江口とちばのトークイベントも行われる。

さらに『江口寿史展 KING OF POP』に関連して、12月23日から川崎市市民ミュージアムの収蔵フィルムからセレクトした1980年代の日本映画を上映。上映作品は、鈴木伸一監督作『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』、小林よしのりが原案を務めた『逆噴射家族』、吉田秋生原作の『櫻の園』、いとうせいこう原作の『ノーライフキング』など6作品となる。詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『特集上映 江口寿史と80年代日本映画』

2015年12月19日(土)~2016年1月10日(日)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 映像ホール
上映作品:
『ゆき』(監督:今井正)
『劇場版 あしたのジョー2』(監督:出崎統)
『エイジ』(監督:西久保瑞穂)
『PERFECT BLUE』(監督:今敏)
『老人Z』(監督:北久保弘之)
料金:一般600円 大学・高校生・65歳以上500円 小中学生・市民ミュージアム友の会会員400円 スカラチケット(10枚綴り回数券)4,800円
※幼児(未就学児)、障害者手帳・身障者手帳・療育手帳をお持ちの方およびその介助者1名、被爆者手帳をお持ちの方無料

イベント情報

『江口寿史展関連上映 80年代日本映画―川崎市市民ミュージアム収蔵フィルムより』

2015年12月23日(水・祝)~2016年1月9日(土)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 映像ホール
上映作品:
『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』(監督:鈴木伸一)
『の・ようなもの』(監督:森田芳光)
『逆噴射家族』(監督:石井聰亙)
『転校生』(監督:大林宣彦)
『櫻の園』(監督:中原俊)
『ノーライフキング』(監督:市川準)
料金:一般600円 大学・高校生・65歳以上500円 小中学生・市民ミュージアム友の会会員400円 スカラチケット(10枚綴り回数券)4,800円
※幼児(未就学児)、障害者手帳・身障者手帳・療育手帳をお持ちの方およびその介助者1名、被爆者手帳をお持ちの方無料

イベント情報

『江口寿史展 KING OF POP』

2015年12月5日(土)~2016年1月31日(日)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日・国民の休日の場合は開館)、祝日・国民の休日の翌日(土・日の場合は開館)、年末年始
料金:一般700円 65歳以上・大学・高校生600円
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方は無料

『「エイジ」2』口絵(集英社)1990年 ©EGUCHI HISASHI
『「エイジ」2』口絵(集英社)1990年 ©EGUCHI HISASHI
『ゆき』 画像提供:川崎市市民ミュージアム
『ゆき』 画像提供:川崎市市民ミュージアム
『老人Z』 ©1991 TOKYO THEATRES CO.,INC. /KADOKAWA SHOTEN PUBLISHING CO.,LTD./ MOVIC CO.,LTD./TV  Asahi/Aniplex Inc.
『老人Z』 ©1991 TOKYO THEATRES CO.,INC. /KADOKAWA SHOTEN PUBLISHING CO.,LTD./ MOVIC CO.,LTD./TV Asahi/Aniplex Inc.
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表