ニュース

KERAの27年ぶりソロアルバム、有頂天のセルフカバーも

KERA『Brown, White & Black』ジャケット
KERA『Brown, White & Black』ジャケット

KERAのニューアルバム『Brown, White & Black』が、2016年1月20日にリリースされる。

今年6月に有頂天の24年ぶりとなる新作『lost and found』と、ケラ&ザ・シンセサイザーズのニューアルバム『BROKEN FLOWER』を同時に発表したケラリーノ・サンドロヴィッチ。1988年リリースの『原色』以来、約27年ぶりのソロアルバムとなる同作のテーマは「ジャズ」となり、ジャズミュージシャンだった父に捧げるジャズアルバムに仕上がっているという。

収録曲は、書き下ろしの新曲6曲に加えて、スタンダードナンバーの“Shine”、“Lover, Come Back to Me(恋人よ我に帰れ)”、ゲルニカの“復興の歌”、灰田勝彦の“東京の屋根の下”、エノケンこと榎本健一も歌った“月光値千金”、日本の愛唱歌“学生時代”、さらにセルフカバーとなる有頂天“ミシシッピ” など全13曲。ジャケットは3面紙ジャケット仕様となっており、オールカラーのブックレットが付属する。

なお有頂天とケラ&ザ・シンセサイザーズのツーマンイベントが、12月12日に東京・新宿ロフトで開催。ケラ&ザ・シンセサイザーズのゲストとして田渕ひさ子らが参加する予定だ。チケットは現在販売中。

KERAのコメント

88年に秋元康氏のプロデュースで発表した「原色」以来、実に27年ぶりのソロ・アルバムを、年末にお届けしたい。
こちらはジャズだ。ジャズといってもエノケンとか二村定一のような、一種のフェイク・ジャズ。
父親に聴かせたかったアルバムを、ようやく作れる。

リリース情報

KERA
『Brown, White & Black』(CD)

2016年1月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
CDSOL-1700

1. Old Boys(SWING)
2. Shine(That's Why They Call Me Shine)
3. 半ダースの夢
4. これでおあいこ
5. 学生時代
6. Lover, Come Back to Me
7. ミシシッピ
8. 流刑地
9. 月光値千金
10. 東京の屋根の下
11. 復興の歌
12. 地図と領土
13. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)

amazonで購入する

イベント情報

『有頂天VSケラ&ザ・シンセサイザーズ ツーマンライブ』

2015年12月12日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 新宿ロフト
出演:
有頂天
ケラ&ザ・シンセサイザーズ
料金:前売5,000円 当日5,500円(共にドリンク別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー