ニュース

KERAの27年ぶりソロアルバム、有頂天のセルフカバーも

KERA『Brown, White & Black』ジャケット
KERA『Brown, White & Black』ジャケット

KERAのニューアルバム『Brown, White & Black』が、2016年1月20日にリリースされる。

今年6月に有頂天の24年ぶりとなる新作『lost and found』と、ケラ&ザ・シンセサイザーズのニューアルバム『BROKEN FLOWER』を同時に発表したケラリーノ・サンドロヴィッチ。1988年リリースの『原色』以来、約27年ぶりのソロアルバムとなる同作のテーマは「ジャズ」となり、ジャズミュージシャンだった父に捧げるジャズアルバムに仕上がっているという。

収録曲は、書き下ろしの新曲6曲に加えて、スタンダードナンバーの“Shine”、“Lover, Come Back to Me(恋人よ我に帰れ)”、ゲルニカの“復興の歌”、灰田勝彦の“東京の屋根の下”、エノケンこと榎本健一も歌った“月光値千金”、日本の愛唱歌“学生時代”、さらにセルフカバーとなる有頂天“ミシシッピ” など全13曲。ジャケットは3面紙ジャケット仕様となっており、オールカラーのブックレットが付属する。

なお有頂天とケラ&ザ・シンセサイザーズのツーマンイベントが、12月12日に東京・新宿ロフトで開催。ケラ&ザ・シンセサイザーズのゲストとして田渕ひさ子らが参加する予定だ。チケットは現在販売中。

KERAのコメント

88年に秋元康氏のプロデュースで発表した「原色」以来、実に27年ぶりのソロ・アルバムを、年末にお届けしたい。
こちらはジャズだ。ジャズといってもエノケンとか二村定一のような、一種のフェイク・ジャズ。
父親に聴かせたかったアルバムを、ようやく作れる。

リリース情報

KERA
『Brown, White & Black』(CD)

2016年1月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
CDSOL-1700

1. Old Boys(SWING)
2. Shine(That's Why They Call Me Shine)
3. 半ダースの夢
4. これでおあいこ
5. 学生時代
6. Lover, Come Back to Me
7. ミシシッピ
8. 流刑地
9. 月光値千金
10. 東京の屋根の下
11. 復興の歌
12. 地図と領土
13. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)

amazonで購入する

イベント情報

『有頂天VSケラ&ザ・シンセサイザーズ ツーマンライブ』

2015年12月12日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 新宿ロフト
出演:
有頂天
ケラ&ザ・シンセサイザーズ
料金:前売5,000円 当日5,500円(共にドリンク別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像