ニュース

KERAの27年ぶりソロアルバム、有頂天のセルフカバーも

KERA『Brown, White & Black』ジャケット
KERA『Brown, White & Black』ジャケット

KERAのニューアルバム『Brown, White & Black』が、2016年1月20日にリリースされる。

今年6月に有頂天の24年ぶりとなる新作『lost and found』と、ケラ&ザ・シンセサイザーズのニューアルバム『BROKEN FLOWER』を同時に発表したケラリーノ・サンドロヴィッチ。1988年リリースの『原色』以来、約27年ぶりのソロアルバムとなる同作のテーマは「ジャズ」となり、ジャズミュージシャンだった父に捧げるジャズアルバムに仕上がっているという。

収録曲は、書き下ろしの新曲6曲に加えて、スタンダードナンバーの“Shine”、“Lover, Come Back to Me(恋人よ我に帰れ)”、ゲルニカの“復興の歌”、灰田勝彦の“東京の屋根の下”、エノケンこと榎本健一も歌った“月光値千金”、日本の愛唱歌“学生時代”、さらにセルフカバーとなる有頂天“ミシシッピ” など全13曲。ジャケットは3面紙ジャケット仕様となっており、オールカラーのブックレットが付属する。

なお有頂天とケラ&ザ・シンセサイザーズのツーマンイベントが、12月12日に東京・新宿ロフトで開催。ケラ&ザ・シンセサイザーズのゲストとして田渕ひさ子らが参加する予定だ。チケットは現在販売中。

KERAのコメント

88年に秋元康氏のプロデュースで発表した「原色」以来、実に27年ぶりのソロ・アルバムを、年末にお届けしたい。
こちらはジャズだ。ジャズといってもエノケンとか二村定一のような、一種のフェイク・ジャズ。
父親に聴かせたかったアルバムを、ようやく作れる。

リリース情報

KERA
『Brown, White & Black』(CD)

2016年1月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
CDSOL-1700

1. Old Boys(SWING)
2. Shine(That's Why They Call Me Shine)
3. 半ダースの夢
4. これでおあいこ
5. 学生時代
6. Lover, Come Back to Me
7. ミシシッピ
8. 流刑地
9. 月光値千金
10. 東京の屋根の下
11. 復興の歌
12. 地図と領土
13. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)

amazonで購入する

イベント情報

『有頂天VSケラ&ザ・シンセサイザーズ ツーマンライブ』

2015年12月12日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 新宿ロフト
出演:
有頂天
ケラ&ザ・シンセサイザーズ
料金:前売5,000円 当日5,500円(共にドリンク別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年