ニュース

16組の書体デザイナーが自作フォントを語る書籍『もじ部』

『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』表紙
『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』表紙

書籍『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』が、12月初旬に刊行される。

雑誌『デザインのひきだし』の連載『もじ部 フォントの目利きになる』の5年分の記事を書籍化した同書。様々な書体デザイナーが「もじ部」の部長として登場し、自身がデザインしたフォントについて写真と図版を交えて解説する。

登場する書体デザイナーは、鳥海修(字游工房)、高田裕美(タイプバンク)、モリサワ文研、藤田重信(フォントワークス)、竹下直幸、小林章(モノタイプ)、鈴木功(タイププロジェクト)、小塚昌彦、マシュー・カーター、大曲都市(モノタイプ)、イワタ+橋本和夫、西塚涼子&服部正貴(アドビ システムズ)、赤松陽構造、typeKIDS+今田欣一(欣喜堂)、小宮山博史(佐藤タイポグラフィ研究所)、祖父江慎(コズフィッシュ)の16組。それぞれの記事は各デザイナーにちなんだ書体で組まれているという。

また新規記事として、工業彫刻のための文字の標準として日本工業規格に定められた書体・機械彫刻用標準書体の制作の裏側に迫るレポートを収録。さらにフォントデザインをテーマに据えた鳥海修、藤田重信、小林章、小宮山博史、祖父江慎による座談会を収めた小冊子も付属する。小冊子のデザインは祖父江慎+コズフィッシュが手掛けている。

書籍情報

『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』

2015年12月初旬発売
編著:雪朱里、グラフィック社編集部
価格:2,700円(税込)
発行:株式会社グラフィック社

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる