ニュース

『愛すべき世界』展に鷹野隆大、丹羽良徳、ミヤギフトシ、森村泰昌

展覧会『愛すべき世界』が、12月20日から香川・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催される。

同展は4人の作家がそれぞれの立場から世界を見つめ、そこにある課題と向き合いながら制作した作品を発表する展覧会。参加作家は、2006年に『第31回木村伊兵衛写真賞』を受賞した鷹野隆大、歴史や社会に介入するパフォーマンスや映像作品を制作している丹羽良徳、自身が沖縄出身で性的マイノリティーであることを背景に、沖縄と日本、アメリカの関係性やセクシュアリティーをテーマにした作品を制作しているミヤギフトシ、絵画に描かれた人物や映画女優、歴史上の人物に扮したセルフポートレート作品を発表している森村泰昌となる。

丹羽とミヤギは同展のために新作を制作し、鷹野は1998年から毎日撮影を続けている『毎日写真』シリーズから今年撮影した都市風景の写真を発表。森村は、20世紀の事象を取り上げて検証する作品シリーズから『なにものかへのレクイエム(独裁者を笑え / スキゾフレニック)』を出展する。

なお、展覧会初日には参加作家によるギャラリートークを開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『愛すべき世界』

2015年12月20日(日)~2016年3月27日(日)
会場:香川県 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
参加作家:
鷹野隆大
丹羽良徳
ミヤギフトシ
森村泰昌
休館日:12月25日~12月31日
料金:一般950円 大学生650円
※高校生以下または18歳未満、丸亀市在住の65歳以上、各種障害者手帳をお持ちの方は無料

鷹野隆大『15.04.17.#e37』2015年 Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon ©Ryudai Takano
鷹野隆大『15.04.17.#e37』2015年 Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon ©Ryudai Takano
鷹野隆大『15.09.24.#b16』2015年 Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon ©Ryudai Takano
鷹野隆大『15.09.24.#b16』2015年 Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon ©Ryudai Takano
丹羽良徳『日本共産党でカール・マルクスの誕生日会をする』2013年 ©Yoshinori Niwa
丹羽良徳『日本共産党でカール・マルクスの誕生日会をする』2013年 ©Yoshinori Niwa
ミヤギフトシ『花の名前』2015年 ©Futoshi Miyagi
ミヤギフトシ『花の名前』2015年 ©Futoshi Miyagi
森村泰昌『なにものかへのレクイエム(独裁者を笑え/スキゾフレニック)』2007年 courtesy of the artist and Yoshiko Isshiki Office, Tokyo
森村泰昌『なにものかへのレクイエム(独裁者を笑え/スキゾフレニック)』2007年 courtesy of the artist and Yoshiko Isshiki Office, Tokyo
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと