神木隆之介×門脇麦『太陽』の予告編、昼と夜に分かれた世界描く

入江悠監督の映画『太陽』から予告編が公開された。

予告編では、神木隆之介演じる旧人類・キュリオの若者・鉄彦が「来年ノクスになるんだ」と嬉しそうに語る様子や、門脇麦演じるキュリオの結が「私、ノクスなんかにならないから」と話す声、鉄彦が古川雄輝演じる門番の男に「友達になってほしい」と声をかけるシーンに加え、体をベッドに固定された結の姿や結がドラム缶の風呂に入る様子などが確認できる。

4月23日から公開される『太陽』は、前川知大率いる劇団イキウメの同名舞台を映画化した作品。ウイルスによって人口が激減し、夜にしか生きることができない新人類・ノクスと、ノクスによる経済封鎖を受けて貧しく暮らすキュリオの世界に分断された21世紀初頭を舞台に、自分の境遇を呪う鉄彦やノスクを憎む幼なじみ・結の姿が描かれる。

作品情報

『太陽』

2016年4月23日(土)から角川シネマ新宿ほか全国公開

監督:入江悠
脚本:入江悠、前川知大
原作:前川知大『太陽』
出演:
神木隆之介
門脇麦
古川雄輝
水田航生
村上淳
中村優子
高橋和也
森口瑤子
綾田俊樹
鶴見辰吾
古舘寛治
配給:KADOKAWA

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 神木隆之介×門脇麦『太陽』の予告編、昼と夜に分かれた世界描く

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて