ニュース

押井守の新作『ガルム・ウォーズ』5月公開、ジブリ鈴木敏夫とタッグ

『ガルム・ウォーズ』 ©I.G Films
『ガルム・ウォーズ』 ©I.G Films

押井守監督の新作映画『ガルム・ウォーズ』が5月20日に全国公開される。

映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』、アニメ『機動警察パトレイバー』シリーズなどで知られる押井監督。

約15年の構想を重ねて完成させた『ガルム・ウォーズ』は、戦いの星・アンヌンを舞台に、はるか古代に創造主・ダナンが作ったクローン戦士・ガルムの真実を、敵対する部族の3人が探るというあらすじ。以前から同監督が提唱してきた「実写とアニメーションは融合して区別がつかなくなる」という考えを具現化した作品に仕上がっているという。撮影は北米で行なわれ、キャストは現地俳優を中心に起用した。

日本語版のプロデューサーとして鈴木敏夫(スタジオジブリ)が参加。鈴木と押井監督がタッグを組むのは2004年公開の『イノセンス』以来となる。また音楽を川井憲次、制作をProduction I.Gが担当。また声の出演者として朴璐美、壤晴彦、星野貴紀が名を連ねている。鈴木のコメントでは、日本語版は演出家の打越領一、押井のファンだという虚淵玄の協力を得て制作されていることも明かされている。

公開日発表とあわせて、主人公・カラが空を見上げるビジュアルと、鈴木敏夫によるタイトルロゴも公開された。

鈴木敏夫のコメント

押井守との出会いは、30年以上前に遡ります。
当時から彼は、日本の映画を変えたいという夢に燃えていました。
たがいに別な道を歩んできたけれど、こうしてたまに、交錯する事があります。

押井守が日本で果たすことが叶わず、海外で撮った、15年越しの「夢」。
その日本語版をどうやって作るのか?
英語版を2度3度と見ながら、台詞の内容を一切変えずに、作品の印象を一変させてみたいと考えました。
それがこの仕事を引き受けた大きな理由です。

そのために必要なのは、日本的情緒を表現できる声優さんと、それを演出出来るディレクターさんでした。
幸いなことに、朴璐美さんという名優と、演出の打越領一さんとの出会いがあり、その目論見が実現出来ました。

押井さんの大ファンである名脚本家・虚淵玄さんの協力も得て、今作品と向き合っています。
この日本語版を押井守が見てどう思うのか。
押井さんが悔しがるのが楽しみです。笑。

作品情報

『ガルム・ウォーズ』

2016年5月20日(金)から全国公開

監督・脚本・原作:押井守
音楽:川井憲次
出演:
メラニー・サンピエール
ランス・ヘンリクセン
ケヴィン・デュランド
声の出演:
朴璐美
壤晴彦
星野貴紀
配給:東宝映像事業部

『ガルム・ウォーズ』 ©I.G Films
『ガルム・ウォーズ』 ©I.G Films
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで