ニュース

『東京国際文芸フェス』特集の『MONKEY』最新号、表紙画は西加奈子

特集記事「2016年の文学」が、本日2月15日発売の文芸誌『MONKEY Vol.8』に掲載されている。

翻訳家の柴田元幸が責任編集を務める同誌。今回の特集記事では、3月2日から東京都内各所で開催される『東京国際文芸フェスティバル』にフォーカスし、登壇する作家たちを紹介する。掲載作家は、『ノーベル文学賞』を受賞したオルハン・パムク、小説『Xのアーチ』などで知られるスティーヴ・エリクソンをはじめ、プラープダー・ユン、イーユン・リー、セス・フリード、エリザベス・アレグザンダーら。また小野正嗣、都甲幸治、松田青子、宮下遼、柴田元幸による座談会「妄想・歴史・写実 ――2016年 文学の見取り図」なども掲載される。

アンケート企画にはエリクソン、古川日出男、西加奈子、川上弘美、石井岳龍、川上未映子、穂村弘、中村文則、平野啓一郎らが回答。小川洋子が海外文学について語る柴田によるインタビューも掲載される。表紙イラストは西加奈子が担当。

書籍情報

『MONKEY Vol.8』

2016年2月15日(月)発売
価格:1,080円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

『MONKEY Vol.8』表紙
『MONKEY Vol.8』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開