喜安浩平が描く『スケベの話』新作、将校が手にした謎のスイッチとは

劇団「ブルドッキングヘッドロック」の舞台『スケベの話 ~オトナのおもちゃ編~』が、4月9日から東京・下北沢のザ・スズナリで上演される。

ブルドッキングヘッドロックは、「グロテスクな日常に、ささやかなおかしみを」をモットーにした活動を続けている劇団。テレビアニメ『はじめの一歩』の主人公・幕之内一歩の声優として知られるほか、映画『桐島、部活やめるってよ』『幕が上がる』などの脚本を手掛けた喜安浩平が主宰を務めている。

『スケベの話 ~オトナのおもちゃ編~』は、2012年に2本立てで上演された『スケベの話』シリーズの新作。美しく謎めいた女性・タミナをメイドとして雇うことになった将校の日常が、謎のスイッチを手にしたことで変化していく様子や、家族と権力、性欲の狭間で揺れ動く男たちのおかしみや哀しみを描く。

作・演出は喜安が担当。出演者には、同劇団のメンバーをはじめ、木乃江祐希(ナイロン100℃)、外村道子らが名を連ねている。また、4月12日の終演後には、参加者の質問に喜安や出演者が答える「ネタバレ呑み会」が行なわれる。イベントの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットの一般販売は3月12日からスタート。

喜安浩平のコメント

我々もいいかげんいい大人です。遊ぶにしたって大人っぽく遊びたいと思う昨今。次作もそんな気分で臨めればと思案していましたところ、遊ぶといえばオモチャだなと、ビコォンと閃いたものですから、素直に、大人とオモチャを足してみましたら、偶然「オトナのおもちゃ」というタイトルになってしまい、今、自分でも大変びっくりしています。

私としましては、軍人たちと、人妻とメイドと女学生と愛人と、そのあたりの関係をただ弄んでやろうというつもりでおっただけで、まあ、それをして、スケベだね♥なんてはにかむような、そんな、オトナの小イキな会話劇を想像しておりましただけで、まさかそこにオトナのおもちゃなどという、言わば「兵器」が入り込んでこようとは、想像もしていなかったのです。

ただ、私の自宅にだって未使用とはいえオトナのおもちゃがひっそりと仕舞われているくらいですから、誰も教えてくれないだけで案外そこかしこに在るのかもしれない。そう思えば、ムックリなにかがたち上がってくる気もしましたので、イケるかな?イケるよね?なんて自問自答を経て、まずは参考までに自宅のおもちゃを手にしてみましたところ、不思議なことに、自分が軍人にでもなったような、そんな心強い気分になったのです。やってやる。今はそんな心持ちです。こういうことでしょうか大人とは。

イベント情報

ブルドッキングヘッドロック vol.27
『スケベの話 ~オトナのおもちゃ編~』

2016年4月9日(土)~4月20日(水)全17公演
会場:東京都 下北沢 ザ・スズナリ

作・演出:喜安浩平
音楽:西山宏幸
映像:猪爪尚紀
出演:
寺井義貴
西山宏幸
篠原トオル
喜安浩平
永井幸子
津留崎夏子
葛堂里奈
鳴海由莉
竹内健史
高橋龍児
橋口勇輝
平岡美保
山田桃子
木乃江祐希(ナイロン100℃)
安東信助
外村道子
角島美緒
料金:
前売 自由席3,600円 指定席4,200円
当日 自由席3,900円 指定席4,500円

  • HOME
  • Stage
  • 喜安浩平が描く『スケベの話』新作、将校が手にした謎のスイッチとは

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて