『東京プロジェクションマッピングアワード』初開催、審査員にスプ子ら

『東京プロジェクションマッピングアワード vol.0』が、3月26日に東京・有明の東京ビッグサイト会議棟前広場で開催される。

『東京プロジェクションマッピングアワード』は、イマジカ・ロボットグループによって「アジアNo.1映像クリエイターの登竜門」を目指して設立されたプロジェクションマッピング制作のコンテスト。

初開催となる今回は、主催の制作支援を受けた7校9チームの学生クリエイターが参加。ノミネートされた作品は東京ビッグサイト会議棟前広場で上映され、審査も同時に行なわれる。また、同日に受賞作品の表彰式も開催。参加チームやノミネート作品は『東京プロジェクションマッピングアワード』のオフィシャルサイトでチェックしよう。

審査員を務めるのは、阿部秀司、森山朋絵、スプツニ子!、森内大輔、橋本大佑。なお次回からは、全国の学生を対象に作品を募集し、毎年12月に上映会を開催する予定だ。

イベント情報

『東京プロジェクションマッピングアワード vol.0』

2016年3月26日(土)
会場:東京都 有明 東京ビッグサイト 会議棟前広場
時間:18:30~19:30

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『東京プロジェクションマッピングアワード』初開催、審査員にスプ子ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて