ニュース

Antony and the Johnsonsアントニー、新名義初アルバムにOPN、ハドモ

ANOHNIのアルバム『Hopelessness』の日本盤が、5月6日にリリースされる。

ANOHNIは、アントニー・ヘガティ(Antony and the Johnsons)の新名義。Antony and the Johnsonsでは、これまでに『マーキュリー賞』を受賞した『I Am a Bird Now』や、大野一雄の写真をアートワークに使用した『The Crying Light』など4枚のスタジオアルバムを発表している。

ヘガティにとってAntony and the Johnsonsの『Swanlights』以来、約5年半ぶりのアルバムとなる『Hopelessness』には、昨年発表された“4 DEGREES”など全11曲を収録。全編にわたってOneohtrix Point Never、ハドソン・モホークとのコラボレーションで制作された。歌詞には環境破壊などを題材にした政治的な内容も含まれているという。日本盤にはボーナストラックが収められる予定だ。

現在アルバムのオープニングを飾る“Drone Bomb Me”のPVが、Apple Music限定で公開中。映像にはナオミ・キャンベルが主演しており、監督はカニエ・ウェストやFKA twigsの作品も手掛けるNabil、アートディレクターはジバンシィのリカルド・ティッシが務めている。

リリース情報

ANOHNI
『Hopelessness』日本盤(CD)

2016年5月6日(金)発売
価格:2,592円(税込)
Rough Trade / Hostess / BGJ-4020

1. Drone Bomb Me
2. 4 DEGREES
3. Watch Me
4. Execution
5. I Don't Love You Anymore
6. Obama
7. Violent Men
8. Why Did You Separate Me From The Earth?
9. Crisis
10. Hopelessness
11. Marrow
※ボーナストラック収録予定

ANOHNI
ANOHNI
ANOHNI『Hopelessness』ジャケット
ANOHNI『Hopelessness』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと