イーストウッド新作が9月公開、実際の航空事故描く『ハドソン川の奇跡』

クリント・イーストウッド監督の新作映画『ハドソン川の奇跡』が9月24日から東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国で公開される。

同作は、2009年1月15日にニューヨークで発生した実際の航空事故をモチーフにした作品。マンハッタン上空1000メートルで全エンジンが停止し、機体が制御不能に陥るも全乗員・乗客が生還したことから「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた事故に隠された真実を描く。

冷静な判断で機体をハドソン川に不時着させ、乗員の命を救ったチェスリー・サレンバーガー機長役を演じるのはトム・ハンクス。脚本は当時国民的英雄となったサレンバーガー機長の手記『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』をもとに執筆されている。

作品情報

『ハドソン川の奇跡』

2016年9月24日(土)から新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国公開

監督:クリント・イーストウッド
出演:
トム・ハンクス
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • HOME
  • Movie,Drama
  • イーストウッド新作が9月公開、実際の航空事故描く『ハドソン川の奇跡』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて