ニュース

2人の佐藤健が対峙&元恋人・宮崎あおいの姿も、『せか猫』場面写真

『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

映画『世界から猫が消えたなら』の場面写真が公開された。

『世界から猫が消えたなら』は、川村元気が2012年にLINEで連載した小説をもとにした作品。脳の悪性腫瘍で余命を宣告された郵便配達員の主人公「僕」が、自分と同じ姿をした悪魔と「大切なものと引き換えに1日の命を得る」という取引をしながら、元恋人や親友、家族との絆を確かめていく様を描く。

場面写真では、佐藤健演じる僕と悪魔がテーブルを挟んで向き合っているシーンをはじめ、宮崎あおい演じる元恋人、濱田岳演じる映画マニアの親友、奥田瑛二演じる疎遠になった父、原田美枝子演じる死別した母らの姿が確認できる。

作品情報

『世界から猫が消えたなら』

2016年5月14日(土)から全国東宝系で公開

監督:永井聡
脚本:岡田惠和
原作:川村元気『世界から猫が消えたなら』(小学館文庫)
主題歌:HARUHI“ひずみ”
音楽:小林武史
出演:
佐藤健
宮崎あおい
濱田岳
奥野瑛太
石井杏奈
奥田瑛二
原田美枝子
配給:東宝

『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
『世界から猫が消えたなら』 ©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲