荒木飛呂彦×森山未來の舞台『死刑執行中脱獄進行中』がWOWOWで放送

森山未來主演の舞台『死刑執行中脱獄進行中』が、3月26日にWOWOWで放送される。

昨年11月から12月にかけて上演された同公演。荒木飛呂彦の短編集『死刑執行中脱獄進行中 荒木飛呂彦短編集』に収録された『死刑執行中脱獄進行中』をベースに、短編集の収録作『ドルチ~ダイ・ハード・ザ・キャット~』の要素も織り交ぜた内容になっている。

キャストには、主演を務めた森山未來に加え、初音映莉子、いいむろなおきらが名を連ねている。構成、演出、振付を長谷川寧(冨士山アネット)が手掛けた。また音楽監督を蔡忠浩(bonobos)、演奏を蔡、吉田省念(ex.くるり)、田中佑司(ex.くるり)が担当している。

番組では、舞台の前後に森山のインタビューも放送。森山は「この作品を作る前、演劇なのかダンスなのかインスタレーションなのか、それはあなたの想像に委ねますというメッセージを、コメントしたんですけど、まさしくそういうイメージで作られたし、とにかく感覚に働きかける作品ではあると思うので、自分の想像力と対話しながら作品を見てもらえたらと思います。よろしければ楽しんで下さい」と語っている。

番組情報

『死刑執行中脱獄進行中』

2016年3月26日(土)23:30~WOWOWライブで放送

構成・演出・振付:長谷川寧
原作:荒木飛呂彦『死刑執行中脱獄進行中 荒木飛呂彦短編集』(集英社)
音楽監督:蔡忠浩(bonobos)
演奏:蔡忠浩、吉田省念、田中佑司
出演:
森山未來
初音映莉子
いいむろなおき
江戸川萬時
大宮大奨
笹本龍史
宮河愛一郎
森川弘和

  • HOME
  • Stage
  • 荒木飛呂彦×森山未來の舞台『死刑執行中脱獄進行中』がWOWOWで放送

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて