ニュース

清水富美加&千葉雄大が朝食で心通わす、山岸聖太監督『あさはんのゆげ』

『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』

映画『あさはんのゆげ』が、7月2日から全国で公開される。

小説投稿サイト「E★エブリスタ」に投稿された同名恋愛小説をもとにした同作は、夏の間だけ田舎の一軒家で同居することになった風花と従兄妹・要の姿を描く作品。母親の仕事の都合で田舎暮らしをすることになり、苛立ちを抱える風花の心が、要の作る朝食によって解きほぐされていく、というあらすじだ。

主人公の風花役を演じるのは、NHK連続テレビ小説『まれ』に出演したほか、ヒロインを演じる映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の公開も控える清水富美加。画材とぬか床を持って風花のもとに現れた要役を千葉雄大が演じる。監督は星野源やKANA-BOONらのPVを手掛けた山岸聖太。

清水富美加のコメント

あさはん、は、あさごはんのことですが、タイトルにあるくらいなので優しいあたたかみのある美味しそうなあさはんが眩しいです。従兄弟がどういったものなのか血縁関係があること以外、私はあまり分からないのですが、それは私が演じるふーちゃんも同じでした。ただ一緒に過ごす時が楽しく、でもそれが、いつまで、どう続くかも分からなくて、という揺れるこころが見所です。あと千葉さんが眩しいです。

千葉雄大のコメント

従兄妹って兄妹のようでいて、友だちのようでもあって、すごく不思議な関係性だと思います。僕自身も年上の従兄姉がいるのですが、小さい時はなおさら、すごく大人に見えたし、憧れのようなものを抱いていました。心が揺れるふたりのひと夏を楽しんでいただければ、と思います。また、真っ白いごはん、お味噌汁、漬物、卵焼き。ありふれた“あさはん”がとても愛おしく感じる映画にもなっておりますので、映画を観た後は、誰かと美味しいごはんを食べてほしいです。

作品情報

『あさはんのゆげ』

2016年7月2日(土)から全国公開

監督・脚本:山岸聖太
原案:深水『あさはんのゆげ』(E★エブリスタ)
出演:
清水富美加
千葉雄大
配給:東映

『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
『あさはんのゆげ』
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る