NY重鎮マイケル・ジラ率いるSwans、現体制によるラストアルバム

Swansのニューアルバム『The Glowing Man』の日本盤が6月15日にリリースされる。

1982年にニューヨークで結成されたSwansは、マイケル・ジラ(Vo,Gt)を中心とした6人組バンド。ジラはデヴェンドラ・バンハートやAkron/Familyらを擁するレーベル「Young God Records」を設立したことでも知られている。

彼らにとって現編成による最後のアルバムになるという『The Glowing Man』は、Young God RecordsとMuteからリリース。前作『To Be Kind』に引き続いてジョン・コングルトンをエンジニアに迎えレコーディングされており、ゲストミュージシャンにはR.E.M.やKing Crimsonにも参加したビル・リーフリン、ジラの妻であるジェニファー・ジラらを迎えている。現在、YouTubeでアルバムのトレイラー音源が公開中だ。

なおCD2枚組となる通常盤に加えて、DVDが付属する「スペシャルエディション」も用意される。

リリース情報

Swans
『The Glowing Man』日本盤通常盤(2CD)

2016年6月15日(水)発売
価格:2,592円(税込)
TRCP-201/2

[DISC1]
1. Cloud of Forgetting
2. Cloud of Unknowing
3. The World Looks Red / The World Looks Black
4. People Like Us
[DISC2]
1. Frankie M.
2. When Will I Return?
3. The Glowing Man
4. Finally, Peace.
※ボーナストラック収録予定、解説、歌詞対訳付

amazonで購入する

リリース情報

Swans
『The Glowing Man』日本盤スペシャルエディション(2CD+DVD)

2016年6月15日(水)発売
価格:3,024円(税込)
TRCP-203~5

[CD1]
1. Cloud of Forgetting
2. Cloud of Unknowing
3. The World Looks Red / The World Looks Black
4. People Like Us
[CD2]
1. Frankie M.
2. When Will I Return?
3. The Glowing Man
4. Finally, Peace.
※DVDには2015年のライブ映像収録、ボーナストラック収録予定、解説、歌詞対訳付

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • NY重鎮マイケル・ジラ率いるSwans、現体制によるラストアルバム

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて