松居大悟が演出、長塚圭史作の舞台『イヌの日』に青柳文子ら

舞台『イヌの日』が8月10日から東京・下北沢のザ・スズナリで上演される。

長塚圭史作の『イヌの日』は、2000年に阿佐ヶ谷スパイダースによって初演され、2006年にリメイク上演された作品。悪友たちと遊んで暮らす広瀬幸司が、仲間の1人から留守の間に「ある人たち」の面倒を見るように頼まれるというあらすじだ。

今回の再演では劇団「ゴジゲン」主宰であり、映画『私たちのハァハァ』『アフロ田中』などの監督作品でも知られる松居大悟が演出を手掛ける。キャストは、尾上寛之、玉置玲央(柿喰う客)、青柳文子、大窪人衛(イキウメ)、目次立樹(ゴジゲン)ら。松居自身も出演する。チケット一般発売は6月25日からスタート。

イベント情報

『イヌの日』

2016年8月10日(水)~8月21日(日)
会場:東京都 下北沢 ザ・スズナリ

作:長塚圭史
演出:松居大悟
出演:
尾上寛之
玉置玲央
青柳文子
大窪人衛
目次立樹
川村紗也
菊池明明
松居大悟
本折最強さとし
村上航

  • HOME
  • Stage
  • 松居大悟が演出、長塚圭史作の舞台『イヌの日』に青柳文子ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて