ニュース

蜷川幸雄が80歳で死去、古典から現代劇まで精力的に演出

演出家の蜷川幸雄が亡くなったことがわかった。80歳だった。

蜷川は昨年12月に体調を崩し、軽度の肺炎と診断されたため入院。蜷川の半生を藤田貴大(マームとジプシー)が舞台化する『蜷の綿 -Nina's Cotton-』の稽古に向けて療養を続けていたが、1月に公演延期が発表されていた。また演出を担当するシェイクスピア劇『尺には尺を』が5月25日から、森田剛や宮沢りえらが出演する『ビニールの城』が8月から上演を控えていた。

1935年に埼玉・川口で生まれた蜷川は、1955年に劇団青俳に入団。1969年に舞台『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビューを果たし、1974年の『ロミオとジュリエット』を皮切りに、国内外の現代劇や近松門左衛門、シェイクスピア、ギリシャ悲劇など多彩な作品を演出してきた。また1980年代から海外公演も積極的に行ない、「世界のニナガワ」とも称された。

1998年に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国シェイクスピアシリーズ」の芸術監督、1999年からは東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任。55歳以上限定の劇団「さいたまゴールド・シアター」の主宰も務めた。2001年に紫綬褒章、2004年に文化功労者、2010年に文化勲章を受章。長女は写真家で映画監督の蜷川実花。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開