ニュース

『カンヌ国際映画祭』パルムドールはケン・ローチ、グランプリにドラン

『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門の受賞結果が発表された。

最高賞にあたるパルムドールに選出されたのは、イギリス・ニューカッスルを舞台に、病気のために行政の援助が必要となった建具屋の男を主人公にしたケン・ローチ監督の『I, Daniel Blake(原題)』。グランプリには、マリオン・コティアール、レア・セドゥらが出演したグザヴィエ・ドラン監督作『It's Only The End Of The World(原題)』が選ばれた。

監督賞は、『BACALAUREAT(原題)』のクリスチャン・ムンジウと、『PERSONAL SHOPPER(原題)』のオリヴィエ・アサイヤスが受賞。脚本賞には『FORUSHANDE(原題)』のアスガル・ファルハーディー、審査員賞にはアンドレア・アーノルド監督の『AMERICAN HONEY(原題)』が選出された。また主演女優賞はブリランテ・メンドーサ監督の『MA' ROSA(原題)』に出演したジャクリン・ホセ、主演男優賞は『FORUSHANDE(原題)』のシャハブ・ホセイニが受賞している。

授賞式は現地時間の5月22日に開催。審査委員長は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジョージ・ミラー監督が務めた。グランプリを受賞したドランは、「僕たちがこの世で求める唯一のことは、愛し、愛されることです。特に僕は、愛されたい欲求が強いのだと思います。自分が成長し、演出を追求するにつれ、理解されることが難しくなったように感じていました。でも、今日、僕は自分がなにものなのか?をようやく理解できました」と涙ながらに喜びを語った。

なお同映画祭「ある視点」部門では、審査員賞に深田晃司監督、浅野忠信主演の『淵に立つ』、特別賞にスタジオジブリがヨーロッパのWild Bunch社と共に製作したアニメーション映画『レッドタートル ある島の物語』が選出されている。

詳細情報

『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門受賞結果

パルムドール
『I, Daniel Blake(原題)』(監督:ケン・ローチ)

グランプリ
『It's Only The End Of The World(原題)』(監督:グザヴィエ・ドラン)

監督賞
クリスチャン・ムンジウ(『BACALAUREAT(原題)』)

脚本賞
アスガル・ファルハーディー(『FORUSHANDE(原題)』)

審査員賞
『AMERICAN HONEY(原題)』(アンドレア・アーノルド監督)

主演女優賞
ジャクリン・ホセ(『MA' ROSA(原題)』)

主演男優賞
シャハブ・ホセイニ(『FORUSHANDE(原題)』)

『第69回カンヌ国際映画祭』ポスタービジュアル ©Lagency / Taste (Paris) / Le Mépris ©1963 StudioCanal - Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. - All rights reserved
『第69回カンヌ国際映画祭』ポスタービジュアル ©Lagency / Taste (Paris) / Le Mépris ©1963 StudioCanal - Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. - All rights reserved
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年