ニュース

『カンヌ国際映画祭』パルムドールはケン・ローチ、グランプリにドラン

『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門の受賞結果が発表された。

最高賞にあたるパルムドールに選出されたのは、イギリス・ニューカッスルを舞台に、病気のために行政の援助が必要となった建具屋の男を主人公にしたケン・ローチ監督の『I, Daniel Blake(原題)』。グランプリには、マリオン・コティアール、レア・セドゥらが出演したグザヴィエ・ドラン監督作『It's Only The End Of The World(原題)』が選ばれた。

監督賞は、『BACALAUREAT(原題)』のクリスチャン・ムンジウと、『PERSONAL SHOPPER(原題)』のオリヴィエ・アサイヤスが受賞。脚本賞には『FORUSHANDE(原題)』のアスガル・ファルハーディー、審査員賞にはアンドレア・アーノルド監督の『AMERICAN HONEY(原題)』が選出された。また主演女優賞はブリランテ・メンドーサ監督の『MA' ROSA(原題)』に出演したジャクリン・ホセ、主演男優賞は『FORUSHANDE(原題)』のシャハブ・ホセイニが受賞している。

授賞式は現地時間の5月22日に開催。審査委員長は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジョージ・ミラー監督が務めた。グランプリを受賞したドランは、「僕たちがこの世で求める唯一のことは、愛し、愛されることです。特に僕は、愛されたい欲求が強いのだと思います。自分が成長し、演出を追求するにつれ、理解されることが難しくなったように感じていました。でも、今日、僕は自分がなにものなのか?をようやく理解できました」と涙ながらに喜びを語った。

なお同映画祭「ある視点」部門では、審査員賞に深田晃司監督、浅野忠信主演の『淵に立つ』、特別賞にスタジオジブリがヨーロッパのWild Bunch社と共に製作したアニメーション映画『レッドタートル ある島の物語』が選出されている。

詳細情報

『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門受賞結果

パルムドール
『I, Daniel Blake(原題)』(監督:ケン・ローチ)

グランプリ
『It's Only The End Of The World(原題)』(監督:グザヴィエ・ドラン)

監督賞
クリスチャン・ムンジウ(『BACALAUREAT(原題)』)

脚本賞
アスガル・ファルハーディー(『FORUSHANDE(原題)』)

審査員賞
『AMERICAN HONEY(原題)』(アンドレア・アーノルド監督)

主演女優賞
ジャクリン・ホセ(『MA' ROSA(原題)』)

主演男優賞
シャハブ・ホセイニ(『FORUSHANDE(原題)』)

『第69回カンヌ国際映画祭』ポスタービジュアル ©Lagency / Taste (Paris) / Le Mépris ©1963 StudioCanal - Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. - All rights reserved
『第69回カンヌ国際映画祭』ポスタービジュアル ©Lagency / Taste (Paris) / Le Mépris ©1963 StudioCanal - Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. - All rights reserved
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』グザヴィエ・ドラン監督とキャスト 『第69回カンヌ国際映画祭』より©Kazuko Wakayama
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
『It's Only The End Of The World(原題)』 ©Shayne Laverdiere
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密