国際芸術祭『あいちトリエンナーレ』に100組超の作家が集結

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2016』が、8月11日から愛知の各所で開催される。

2010年から3年に1度行なわれている『あいちトリエンナーレ』は、現代アートの展覧会や映像プログラムとあわせて、ダンス、オペラなどの舞台芸術も楽しむことができるアートの祭典。3回目を迎える今回は、名古屋、岡崎に加えて新たに豊橋も会場となる。港千尋が芸術監督を務め、「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」というテーマのもと、38の国と地域から100組超のアーティストが集結する。

美術館や街中での作品展示には、菅野創+やんツー、マーク・マンダース、ハリル・ラバー、ソン・サンヒ、竹川宣彰、田附勝、久門剛史、石田尚志、三田村光土里、大巻伸嗣、ruangrupaらが参加。また国際展のキュレーターにブラジルを拠点に活動するダニエラ・カストロとトルコを拠点にするゼイネップ・オズを招聘し、前回よりも幅広い国や地域からアーティストを迎えている。

さらにハーバード大学感覚民族誌学ラボがドキュメンタリー映画『リヴァイアサン』を映像インスタレーションとして発表するほか、山田うんによる創作コンテンポラリーダンスや勅使川原三郎が演出するオペラ『魔笛』なども上演。10月6日から会期終了までの期間を「レインボーウィークス」と称し、パフォーミングアーツの公演を集中的に行なう。参加アーティストの詳細や会期中のプログラム、チケットについてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『あいちトリエンナーレ2016』

2016年8月11日(木・祝)~10月23日(日)
会場:愛知県 愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内、豊橋市内、岡崎市内の各会場

  • HOME
  • Art,Design
  • 国際芸術祭『あいちトリエンナーレ』に100組超の作家が集結

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて