篠山紀信×宮沢りえ『Santa Fe』写真も、『アサヒカメラ』ヌード史特集

特集記事「ヌードの90年」が6月20日に刊行される『アサヒカメラ 2016年7月増大号』に掲載される。

戦前から平成にかけてのヌード写真の変遷をグラビア写真と記事で振り返る同特集。野島康三による戦前の作品や、土門拳、大竹省二、植田正治、立木義浩、沢渡朔といった写真家が手掛けたヌード写真が掲載される。さらに秋山庄太郎が撮影した高橋恵子の過去写真や、篠山紀信が撮影した宮沢りえの写真集『Santa Fe』からのカットも収録。

さらに篠山へのインタビュー記事『僕がヌードを撮り続けるワケ』、武田久美子の「貝殻ビキニ」写真を撮影した渡辺達生と、山岸伸、魚住誠一の座談会、写真評論家の上野修がヌード写真の歴史を検証する記事なども収められる。

書籍情報

『アサヒカメラ 2016年7月増大号』

2016年6月20日(月)発売
価格:980円(税込)
発行:朝日新聞出版

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 篠山紀信×宮沢りえ『Santa Fe』写真も、『アサヒカメラ』ヌード史特集

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて