フロイド、ルーシェイ、ホックニーら12作家の作品を12の部屋で展示

『12 Rooms 12 Artists UBSアート・コレクションより』展が、7月2日から東京・東京ステーションギャラリーで開催される。

絵画、写真、素描、版画、ビデオアート、彫刻など3万点以上の現代美術作品を所蔵しているUBSアート・コレクション。同コレクションの所蔵作品を紹介する同展では、東京ステーションギャラリーの空間を12の部屋の集合に見立て、ルシアン・フロイドとエド・ルーシェイを軸とした12人のアーティストの作品約80点を展示する。

出展アーティストは、ルシアン・フロイド、エド・ルーシェイをはじめ、荒木経惟、アンソニー・カロ、チェン・ジエレン、サンドロ・キア、デイヴィッド・ホックニー、アイザック・ジュリアン、リヴァーニ・ノイエンシュヴァンダー、小沢剛、ミンモ・パラディーノ、スーザン・ローゼンバーグとなる。

なお会期中には、ホンマタカシのワークショップや、アンソニー・カロの作品を通じたワークショップなどの開催が予定されている。

イベント情報

『12 Rooms 12 Artists UBSアート・コレクションより』展

2016年7月2日(土)~9月4日(日)
会場:東京都 東京ステーションギャラリー

時間:10:00~18:00(金曜は20:00時まで、入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
ルシアン・フロイド
エド・ルーシェイ
荒木経惟
アンソニー・カロ
チェン・ジエレン
サンドロ・キア
デイヴィッド・ホックニー
アイザック・ジュリアン
リヴァーニ・ノイエンシュヴァンダー
小沢剛
ミンモ・パラディーノ
スーザン・ローゼンバーグ
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
料金:一般1,000円 大高生800円
※中学生以下無料
※障害者手帳など持参の方は100円引き、介添者1名は無料

  • HOME
  • Art,Design
  • フロイド、ルーシェイ、ホックニーら12作家の作品を12の部屋で展示

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて