カオス*ラウンジ新作展『風景地獄―とある私的な博物館構想』に9作家

カオス*ラウンジの展覧会『風景地獄―とある私的な博物館構想』が、6月24日から東京・六本木ヒルズA/Dギャラリーで開催される。

昨年に福島・いわきを舞台にした展覧会『カオス*ラウンジ新芸術祭2015 市街劇「怒りの日」』を開催したカオス*ラウンジ。現在開催中の『瀬戸内国際芸術祭2016』には出展作家として参加しており、展示『鬼の家』を展開している。

『風景地獄―とある私的な博物館構想』は、東京の「風景」をテーマにした新作展。六本木ヒルズの展望台・東京シティビューから臨む風景と、江東区の街に存在するある私的な「空襲記念館」をモチーフにしながら、東京の「風景」を独自に読み解いていくという。

キュレーションと会場構成は黒瀬陽平が担当。参加作家は荒木佑介、梅沢和木、乙うたろう、酒井貴史、藤城嘘、松本しげる、柳本悠花、山内祥太、KOURYOUの9組となる。

イベント情報

カオス*ラウンジ
『風景地獄―とある私的な博物館構想』

2016年6月24日(金)~7月10日(日)
会場:東京都 六本木ヒルズ A/Dギャラリー

時間:12:00~20:00
参加作家:
荒木佑介
梅沢和木
乙うたろう
酒井貴史
藤城嘘
松本しげる
柳本悠花
山内祥太
KOURYOU
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • カオス*ラウンジ新作展『風景地獄―とある私的な博物館構想』に9作家

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて