森美術館・片岡真実が『シドニービエンナーレ』芸術監督に、アジア初

森美術館チーフキュレーターの片岡真実が『第21回シドニービエンナーレ』の芸術監督を務めることがわかった。

2018年にオーストラリア・シドニーで開催される『第21回シドニービエンナーレ』。同芸術祭の芸術監督がアジアから選出されるのは今回が初めてとなる。

片岡は就任にあたり「シドニー市、さらにはオーストラリアの多文化的、社会的、政治的な文脈や、多くの現代アート関連機関の国際的な活動を基盤に、国内外の優れたアーティストとの仕事を通して、この街の歴史、多様なコミュニティや文脈とより深く関わっていく方法を見出すことを楽しみにしています」と意気込みを明らかにしている。

  • HOME
  • Art,Design
  • 森美術館・片岡真実が『シドニービエンナーレ』芸術監督に、アジア初

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて