初開催の国際芸術祭『KENPOKU ART』に飴屋法水、妹島和世ら80作家超

『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』が、9月17日から茨城の各エリアで開催される。

今年初開催を迎える同イベントは、茨城の県北にある6市町を舞台にした国際芸術祭。アートを介して地域資源の潜在的な魅力を引き出し、新たな価値の発見や地域活性化を図ることを目的としている。芸術祭のテーマは「海か、山か、芸術か?」。南條史生が総合ディレクターを務め、屋内外でのアートプログラムを中心に様々な企画が展開される。

参加アーティストには、飴屋法水、BCL、力石咲、日比野克彦、石田尚志、伊藤公象、イリヤ&エミリア・カバコフ、ハンス・ペーター・クーン、magma、落合陽一、ラファエル・ローゼンダール、妹島和世、田中信太郎、チームラボ、やくしまるえつこら約20の国と地域から集まった80組以上の作家が名を連ねている。

また芸術祭に先駆けて行なわれたアートハッカソンで選出された作家も出展するほか、一般公募で選ばれた作品やプロジェクトも紹介される。各作家の出展作品や展示エリアなどの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』

2016年9月17日(土)~11月20日(日)
会場:茨城県 日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町内の各会場

  • HOME
  • Art,Design
  • 初開催の国際芸術祭『KENPOKU ART』に飴屋法水、妹島和世ら80作家超

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて