鴻上尚史作・演出×上遠野太洸が主演、天使だけが残る地球を描くSF劇

虚構の劇団の舞台『天使は瞳を閉じて』が、8月5日から東京・座・高円寺1で上演される。

虚構の劇団は、演出家・劇作家の鴻上尚史が、若い俳優たちと共に作品を作り上げるために旗揚げした劇団。『天使は瞳を閉じて』は鴻上が主宰を務めた劇団・第三舞台によって1988年に初演され、1991年にはロンドンをはじめとするイギリス国内でも上演された。

物語の舞台は、放射能に汚染されて人間がいなくなり、天使だけが残された近未来の地球。透明な影に守られ、メディアが異様に発達した街で生活する人々と、その様子を見つめる天使の物語を描く。

客演には、ドラマ『仮面ライダードライブ』『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』などに出演した上遠野太洸をはじめ、鉢嶺杏奈、伊藤公一、佃井皆美を迎える。なお同公演は東京公演後に愛媛・新居浜のあかがねミュージアムあかがね座、兵庫・伊丹のAI・HALLで上演。さらに凱旋公演として8月31日から東京・池袋のあうるすぽっとで上演される。チケットは販売中。

イベント情報

虚構の劇団 第12回公演
『天使は瞳を閉じて』

作・演出:鴻上尚史
出演:
上遠野太洸
鉢嶺杏奈
伊藤公一
佃井皆美
小沢道成(虚構の劇団)
杉浦一輝(虚構の劇団)
三上陽永(虚構の劇団)
渡辺芳博(虚構の劇団)
森田ひかり(虚構の劇団)
木村美月(虚構の劇団)

東京公演
2016年8月5日(金)~8月14日(日)全13公演
会場:東京都 座・高円寺1
料金:一般4,800円 学割3,000円

愛媛公演
2016年8月20日(土)、8月21日(日)全3公演
会場:愛媛県 新居浜 あかがねミュージアム あかがね座
料金:前売3,000円 当日3,500円 学割1,000円

兵庫公演
2016年8月26日(金)~8月28日(日)全4公演
会場:兵庫県 伊丹 AI・HALL
料金:一般4,800円 学割3,000円

東京凱旋公演
2016年8月31日(水)~9月4日(日)全7公演
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
料金:一般4,800円 学割3,000円

  • HOME
  • Stage
  • 鴻上尚史作・演出×上遠野太洸が主演、天使だけが残る地球を描くSF劇

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて