浅野いにお、tofu、柴幸男ら100人が「魂震えた」作品語る『MdN』特集

特集記事「表現者100人の『この作品を語らせろ!』」が本日7月6日発売のデザイン誌『月刊MdN』8月号に掲載されている。

同特集では、映画監督やミュージシャン、漫画家ら100人の表現者がセレクトした「魂を震わせられた作品」を紹介。tofubeatsは宇多田ヒカル『光』、アニメーション監督の藤田陽一は塚本晋也監督の映画『鉄男』、浅野いにおはゲーム『グランド・セフト・オート V』を選出している。

またMIKIKO、小泉徳宏、鈴木心、尾崎世界観(クリープハイプ)、福井健策、今日マチ子、伊藤万理華(乃木坂46)、田中裕介、藤田重信、柴幸男、シシヤマザキ、上坂すみれらが登場している。さらに「表現する人を描いた作品」を紹介するコラムでは、漫画『バクマン。』『重版出来!』、アニメ『甲鉄城のカバネリ』、映画『ソーシャル・ネットワーク』などを取り上げる。

書籍情報

『月刊MdN 2016年8月号』

2016年7月6日(水)発売
価格:1,490円(税込)
発行:エムディエヌコーポレーション

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 浅野いにお、tofu、柴幸男ら100人が「魂震えた」作品語る『MdN』特集

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて