松たか子、森山未來、飴屋法水ら出演、串田和美演出のSF劇『メトロポリス』

舞台『メトロポリス』が11月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

『メトロポリス』は、1926年に製作されたフリッツ・ラング監督による同名のモノクロサイレントSF映画を舞台化するもの。映画では製作時から100年後の2026年を舞台にディストピア化した未来都市が描かれた。舞台版は串田和美が演出を手掛け、演劇やダンス、音楽など様々な要素を融合させた作品となる。

キャストには、松たか子、森山未來、飴屋法水、佐野岳、大石継太らが名を連ねているほか串田自身も出演。振付を山田うんが担当する。チケットの先行予約は8月2日12:00から受付開始。一般発売は9月3日にスタート。

イベント情報

シアターコクーン・オンレパートリー2016
『メトロポリス』

2016年11月7日(月)~11月30日(水)全26公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン

原作:テア・フォン・ハルボウ
演出・美術:串田和美
原作翻訳:酒寄進一
上演台本:加藤直
振付:山田うん
音楽:平田ナオキ
出演:
松たか子
森山未來
飴屋法水
佐野岳
大石継太
さとうこうじ
内田紳一郎
真那胡敬二
大森博史
大方斐紗子
串田和美
ほか
演奏:
平田ナオキ
エミ・エレオノーラ
青木タイセイ
熊谷太輔
料金:S席10,000円 A席8,000円 コクーンシート5,000円

  • HOME
  • Stage
  • 松たか子、森山未來、飴屋法水ら出演、串田和美演出のSF劇『メトロポリス』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて