ニュース

岡田利規×森山未來の新作パフォーマンス、直島での滞在制作経て発表

岡田利規 ©Kikuko Usuyama
岡田利規 ©Kikuko Usuyama

岡田利規(チェルフィッチュ)と森山未來によるパフォーマンスプロジェクト『in a silent way』が、8月23日から香川・直島のベネッセハウス ミュージアムで上演される。

同公演は11月6日まで開催されている『瀬戸内国際芸術祭2016』において9月4日まで展開されている夏会期の参加プログラム。岡田と森山は直島での滞在制作を経て、新作のパフォーマンスを発表する。2人がコラボレーションするのは今回が初となる。

キュレーションは長谷川祐子(東京都現代美術館)が担当。長谷川は2014年に東京都現代美術館で開催された『新たな系譜学をもとめて―跳躍/痕跡/身体』展に岡田と森山がそれぞれ出展したことをきっかけに2人のコラボレーションを構想したという。なお同公演のチケットはすでに完売になっている。

イベント情報

岡田利規×森山未來パフォーマンスプロジェクト
『in a silent way』

2016年8月23日(火)~8月29日(月)全10公演
会場:香川県 直島 ベネッセハウス ミュージアム
料金:前売6,000円

森山未來 ©Miyamoto Takeshi
森山未來 ©Miyamoto Takeshi
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)