映画『ザ・ウッズ』の邦題が『ブレア・ウィッチ』に変更、99年作の続編

12月1日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公開される映画『ザ・ウッズ』の邦題が『ブレア・ウィッチ』に変更。あわせて同作が映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の続編であることが明らかになった。

『ブレア・ウィッチ』は、Netflixによるハリウッド版『デスノート』の監督を務めるアダム・ウィンガードがメガホンを取り、長年のパートナーであるサイモン・バレットが脚本を手掛けた作品。キャストとメインの撮影クルー以外には偽の脚本を渡すなど厳重な情報統制が敷かれており、7月22日にアメリカ・サンディエゴで開催された『コミコン・インターナショナル』でプレミア上映されるまで映画の詳細が伏せられていた。

1999年に公開された『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は、伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」をテーマにしたドキュメンタリー映画の製作のため、ブラック・ヒルズの森を訪れた大学生をPOVで捉えたモキュメンタリー映画。低予算で製作されながら世界でヒットを記録した。

今回製作された『ブレア・ウィッチ』は、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の15年後が舞台。かつて森で消息を絶った大学生の1人・へザーの弟が、YouTubeで姉を思わせる人物が映った映像を見つけたことをきっかけに友人と共に森を訪れ、そこに自分たち以外の「何か」が潜んでいることに気がつく、というあらすじだ。ヘッドセットカメラや動画撮影機能付きのデジタル一眼レフカメラ、ドローンといったテクノロジーを駆使して恐怖を演出するという。

作品情報

『ブレア・ウィッチ』

2016年12月1日(木)からTOHOシネマズ・六本木ヒルズほか全国で公開

監督:アダム・ウィンガード
脚本:サイモン・バレット
出演:
ヴァロリー・カリー
ジェームズ・アレン・マキューン
ウェス・ロビンソン
配給:ショウゲート

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『ザ・ウッズ』の邦題が『ブレア・ウィッチ』に変更、99年作の続編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて