「ほぼ日手帳2017」全ラインナップ79種発表、梅佳代による特別映像も

「ほぼ日手帳2017」の全ラインナップが発表。また写真家・梅佳代による特別映像が公開された。

2001年から販売され、今年で16年目を迎えた「ほぼ日手帳」。2016年度版は約61万部の売上を記録しており、84の国と地域に出荷されている。

9月1日から販売される今年のラインナップは、全79種類。増田セバスチャンによる新作カバーをはじめ、版画家の望月計男、画家のjunaida、アートディレクターの平林奈緒美、ファッションブランドのniuhansらとのコラボレーションから生まれたカバーも登場する。またこれまで発表されていたミナ ペルホネン、CACUMA、RPGゲーム『MOTHER2』とのコラボレーションカバーも販売。

梅佳代が写真、映像、編集を手掛けた映像は「This is my LIFE.」がテーマ。編集を映像作家のエリザベス宮地、音楽の演奏をGentle Forest Jazz Bandが担当している。

なお手帳のラインナップを実際に手にとることができるイベント『ほぼ日手帳ラインナッププレビュー』が8月20日から東京・南青山のTOBICHIで開催。また「ほぼ日手帳2017」のオフィシャルガイドブック『ほぼ日手帳公式ガイドブック2017 This is my LIFE.』が8月22日に刊行される。

  • HOME
  • Art/Design
  • 「ほぼ日手帳2017」全ラインナップ79種発表、梅佳代による特別映像も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて