青葉市子の新アルバムは『マホロボシヤ』、花代が撮影した新アー写も

青葉市子のニューアルバム『マホロボシヤ』が10月19日にリリースされる。

音楽活動だけでなく、マームとジプシーの公演や松本雄吉演出の舞台『レミング~世界の涯まで連れてって~』に出演するなど幅広く活動する青葉市子。2014年に藤田貴大(マームとジプシー)が野田秀樹の戯曲を演出した『小指の思い出』では舞台音楽を手掛けた。

約3年ぶりのソロアルバムとなる『マホロボシヤ』には全11曲を収録。タイトルには「まほろばのある星」という意味が込められているという。また限定盤となるアナログ盤も同時発売される。

また11月2日には東京・青山一丁目の草月ホールでワンマンライブ『まぼろしや、ほろぼしや。』が開催。チケットの先行予約は9月5日まで受け付けている。一般発売は9月17日にスタート。なお今回の発表にあわせて写真家の花代が撮影した新たなアーティスト写真も公開された。

青葉市子のコメント

前作から、3年が経ちました。
いろいろなことが変化して、でも、どうしたって変わらない部分もありました。
遠くなったり近くなったりするだけで、離れることがない、この世界のあれやこれやが、ある部分ではとても仲良く、一緒にいられるように、マホロボシヤを作りました。

青葉市子『マホロボシヤ』収録曲

1. the end
2. ゆさぎ
3. マホロボシヤ
4. 氷の鳥
5. おめでとうの唄
6. ゆめしぐれ
7. うみてんぐ
8. 太陽さん
9. コウノトリ
10. 神様のたくらみ
11. 鬼ヶ島

リリース情報

青葉市子
『マホロボシヤ』(CD)

2016年10月19日(水)発売
価格:2,700円(税込)
VICL-64676

リリース情報

青葉市子
『マホロボシヤ』(アナログ盤)

2016年10月19日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VIJL-60179

イベント情報

青葉市子
『まぼろしや、ほろぼしや。』

2016年11月2日(水)
会場:東京都 青山一丁目 草月ホール

料金:前売4,000円

  • HOME
  • Music
  • 青葉市子の新アルバムは『マホロボシヤ』、花代が撮影した新アー写も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて