ニュース

吉田羊のウエディングドレス姿&原田泰造が笑顔、『ボク妻』場面写真

『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会

映画『ボクの妻と結婚してください。』の場面写真が公開された。

11月5日から全国東宝系で公開される同作は、樋口卓治による同名小説の実写映画版。余命宣告を受けた放送作家の三村修治が、愛する家族の未来のために、残された時間を使って妻・彩子の「最高の結婚相手」を探そうと奔走する、というあらすじだ。監督は『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』などの三宅喜重が務める。

場面写真では、織田裕二演じる修治の礼服姿と吉田羊演じる彩子のウエディングドレス姿をはじめ、彩子の結婚相手として修治が見初めた伊東正蔵役の原田泰造が笑顔を見せている様子、病院のベッドに横たわる修治を見守る彩子の姿などが確認できる。

作品情報

『ボクの妻と結婚してください。』

2016年11月5日(土)から全国東宝系で公開

監督:三宅喜重
脚本:金子ありさ
原作:樋口卓治『ボクの妻と結婚してください。』(講談社文庫)
音楽:菅野祐悟
出演:
織田裕二
吉田羊
原田泰造
高島礼子
配給:東宝

『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
『ボクの妻と結婚してください。』 ©2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生