岸田劉生らを支えた男・北山清太郎に注目する『動き出す!絵画』展

展覧会『動き出す!絵画 ペール北山の夢 ―モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち―』が、9月17日から東京・東京ステーションギャラリーで開催される。

同展では、大正期の日本における西洋美術への熱狂と、それに影響を受けながら展開した前衛的な近代日本美術の動向を紹介。岸田劉生、木村荘八といった洋画家たちの活動を支え、のちに「ペール北山」と呼ばれた人物・北山清太郎の活動に注目し、当時の若手洋画家たちが参照したオーギュスト・ロダン、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、カミーユ・ピサロ、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、パブロ・ピカソらの作品に加えて、その影響を受けた油彩画、彫刻など約130点と資料を展示する。

また北山が発行した美術雑誌『現代の洋画』などに掲載された作品をはじめ、北山が関わった美術家集団「ヒユウザン会」や「草土社」による展覧会の出品作、美術の世界を離れた北山が制作にのめり込んだ草創期の国産アニメーションなども紹介する。

イベント情報

『動き出す!絵画 ペール北山の夢 ―モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち―』

2016年9月17日(土)~11月6日(日)
会場:東京都 東京ステーションギャラリー

時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(9月19日、10月10は開館)、9月20日、10月11日
料金:一般1,000円 高校・大学生800円
※中学生以下無料、障害者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
※会期中一部展示替えあり

  • HOME
  • Art,Design
  • 岸田劉生らを支えた男・北山清太郎に注目する『動き出す!絵画』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて