松岡茉優が『美術手帖』増刊でスヌーピーの魅力を再発見、祖父江慎らも

スヌーピーを特集する『美術手帖 11月号増刊』が、本日10月5日に刊行された。

チャールズ・M・シュルツによる漫画『ピーナッツ』に登場するスヌーピー。今年4月にスヌーピーミュージアムが東京・六本木にオープンし、10月8日からは第2回目の展覧会『もういちど、はじめましてスヌーピー。』が開催される。

『美術手帖 11月号増刊』では、スヌーピーの魅力を様々な視点から紹介。「知っていますか?スヌーピー」と題するパート1では、スヌーピーミュージアムの図録などのアートディレクションを担当している祖父江慎が案内するほか、チャールズの妻ジーン・シュルツのインタビューや、原画を原寸大で再現したとじ込みページも収録されている。

パート2となる「スヌーピー・ガイド」では、松岡茉優がスヌーピーミュージアムを訪問した様子をレポートする。さらにパート3「『ピーナッツ』の世界」にはブックデザイナーのチップ・キッド、 臨床心理士の岩宮恵子、アーティストの鴻池朋子らが『ピーナッツ』を読み解くほか、作中に『ピーナッツ』のセリフが引用される漫画『四月は君の嘘』の作者・新川直司のインタビューを掲載する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 松岡茉優が『美術手帖』増刊でスヌーピーの魅力を再発見、祖父江慎らも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて