渋谷5会場『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』、プログラム第1弾発表

国際カンファレンスイベント『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』の続報が発表された。

12月1日から3日まで3日間にわたって東京・渋谷のヒカリエホール、Red Bull Studios Tokyo、WOMB、contact、SOUND MUSEUM VISIONで開催される同イベント。ダンスミュージックに特化したカンファレンス、セッション、ライブの3プログラムから構成され、BOILER ROOM TOKYOとDOMMUNEの協力によるライブ配信も予定されている。

今回の発表ではプログラムの一部が判明。音楽業界に携わる国内外のゲストスピーカー約50人を迎えるカンファレンスでは、12月1日に音楽フェス、コンサート、クラブ、ブッキング、マネージメント業務など、12月2日に音楽マーケティング、ストリーミング配信、インターネットラジオ、プロモーションなどをテーマにした討論を行なう。

ゲストスピーカーにはUltra Recordsの設立者パトリック・モクシー、エレクトロニックミュージック産業の利益を保護する団体Association For Electronic Musicの代表マーク・ローレンス、Listen Up PRのルーシー・アレンや、ZEEBRA、宇川直宏、ジェイ・コウガミ、NPO法人日本ダンスミュージック連盟理事長の浅川真次、LINE MUSICとAWAの関係者らが名を連ねる。

セッションプログラムでは、著名アーティストを迎えたワークショップ『Ableton Meetup Tokyo』を開催するほか、イギリスのレーベルToolroom Recordsのアーティストを招き、プロデューサーやアーティストを目指す人に向けた『Toolroom Academy』を実施。また12月2日と3日にはWOMB、ocntact、SOUND MUSEUM VISIONでライブが開催。ラインナップは後日発表される。

イベント情報

『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』

2016年12月1日(木)~12月3日(土) 会場:東京都 渋谷 ヒカリエホール、Red Bull Studios Tokyo、WOMB、contact、SOUND MUSEUM VISION
料金:早割2日通し券16,000円 早割1日券10,000円 ※ライブ入場料は別途必要
  • HOME
  • Music
  • 渋谷5会場『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』、プログラム第1弾発表

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて