ニュース

古舘寛治がマキノノゾミ作『高き彼物』を演出、静岡舞台の人間ドラマ

『高き彼物』ビジュアル
『高き彼物』ビジュアル

舞台『高き彼物』が11月3日から静岡・静岡芸術劇場で上演される。

マキノノゾミによる戯曲『高き彼物』は、2001年に『第4回鶴屋南北戯曲賞』を受賞した作品。1970年代末の静岡を舞台に、友人を事故で亡くした高校生と、その傷を癒そうとする元高校教師との交流を描く。

今回の上演では、俳優として深田晃司監督の新作映画『淵に立つ』などに出演する古舘寛治(青年団、サンプル)が演出に挑戦。「フィクションの中に本当に生きている人間がいる」舞台を目指すという。

古舘の演出について、青年団を主宰する平田オリザは「青年団でもっとも暑苦しい男、古舘寛治がSPACで演出をするという。暑苦しさを粘り強さにかえて、丁寧な舞台づくりを期待したい。ガンバレ、フルタチ」とコメントを寄せている。また、舞台美術を宮沢章夫が手掛ける。

上演期間中には宮沢章夫、小栗旬、深田晃司をそれぞれゲストに招いたアーティストトークや、バックステージツアーなどのイベントも予定されている。チケットは現在販売中。詳細は静岡芸術劇場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『高き彼物』チラシビジュアル
『高き彼物』チラシビジュアル
古舘寛治 photo: Harumi Obama
古舘寛治 photo: Harumi Obama
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで