ニュース

古舘寛治がマキノノゾミ作『高き彼物』を演出、静岡舞台の人間ドラマ

『高き彼物』ビジュアル
『高き彼物』ビジュアル

舞台『高き彼物』が11月3日から静岡・静岡芸術劇場で上演される。

マキノノゾミによる戯曲『高き彼物』は、2001年に『第4回鶴屋南北戯曲賞』を受賞した作品。1970年代末の静岡を舞台に、友人を事故で亡くした高校生と、その傷を癒そうとする元高校教師との交流を描く。

今回の上演では、俳優として深田晃司監督の新作映画『淵に立つ』などに出演する古舘寛治(青年団、サンプル)が演出に挑戦。「フィクションの中に本当に生きている人間がいる」舞台を目指すという。

古舘の演出について、青年団を主宰する平田オリザは「青年団でもっとも暑苦しい男、古舘寛治がSPACで演出をするという。暑苦しさを粘り強さにかえて、丁寧な舞台づくりを期待したい。ガンバレ、フルタチ」とコメントを寄せている。また、舞台美術を宮沢章夫が手掛ける。

上演期間中には宮沢章夫、小栗旬、深田晃司をそれぞれゲストに招いたアーティストトークや、バックステージツアーなどのイベントも予定されている。チケットは現在販売中。詳細は静岡芸術劇場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『高き彼物』チラシビジュアル
『高き彼物』チラシビジュアル
古舘寛治 photo: Harumi Obama
古舘寛治 photo: Harumi Obama
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に