『MOOSIC LAB』受賞作発表、グランプリは製作費25万の『マグネチック』

『MOOSIC LAB 2016』コンペティション部門の受賞作品が発表された。

若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する『MOOSIC LAB』。今年のコンペティション部門には全9作品がノミネートし、本日10月20日にDOMMUNEで授賞式が配信された。

グランプリに輝いたのは北原和明監督とSACOYANのコラボレーションによって製作費25万円で作られた『マグネチック』。男性監督のグランプリ受賞は2012年の今泉力哉監督以来となる。準グランプリは、松本花奈監督とthe peggiesによる『脱脱脱脱17』が受賞。観客賞は青木克齊監督とクリトリック・リスによる『光と禿』、審査員特別賞は『光と禿』、幸洋子監督と食品まつりによる『電気100%』が獲得した。

ベストミュージシャン賞にはクリトリック・リス、ミュージシャン賞にはthe peggiesとSACOYANが選出。また最優秀女優賞および最優秀男優賞は『光と禿』の岸井ゆきのとスギム(クリトリック・リス)がそれぞれ受賞したほか、女優賞に『脱脱脱脱17』の北澤ゆうほ(the peggies)、『夜、逃げる』の菅原佳子、男優賞に『マグネチック』の大木宏祐、『脱脱脱脱17』の鈴木理学が選ばれている。スペシャル・メンションには、『愛のマーチ』の伊藤祥監督と笹口騒音オーケストラ、『夜、逃げる』の山田佳奈監督(ロ字ック)が選出。『光と禿』は最多5部門に輝いた。

なお12月18日と19日に東京・渋谷のアップリンクで『マグネチック』をはじめとする今年度の受賞作品の上映イベントが開催。そのほかの地域でも上映が予定されているので、『MOOSIC LAB』のオフィシャルサイトでチェックしよう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

詳細情報

『MOOSIC LAB 2016』受賞結果

グランプリ 『マグネチック』(北原和明監督×SACOYAN) 準グランプリ 『脱脱脱脱17』(松本花奈監督×the peggies) 観客賞 『光と禿』(青木克齊監督×クリトリック・リス) 審査員特別賞 『光と禿』(青木克齊監督×クリトリック・リス) 『電気100%』(幸洋子監督×食品まつり) ベストミュージシャン賞 クリトリック・リス(『光と禿』) ミュージシャン賞 the peggies(『脱脱脱脱17』) SACOYAN(『マグネチック』) 最優秀女優賞 岸井ゆきの(『光と禿』) 女優賞 北澤ゆうほ(the peggies)(『脱脱脱脱17』) 菅原佳子(『夜、逃げる』) 最優秀男優賞 スギム(クリトリック・リス)(『光と禿』) 男優賞 大木宏祐(『マグネチック』) 鈴木理学(『脱脱脱脱17』) スペシャル・メンション 伊藤祥、笹口騒音オーケストラ(『愛のマーチ』) 山田佳奈(『夜、逃げる』)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『MOOSIC LAB』受賞作発表、グランプリは製作費25万の『マグネチック』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて